ホセマリア・エスクリバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセマリア・エスクリバー・デ・バラゲル
Josemaría Escrivá de Balaguer
オプス・デイ創立者・初代総長
Coat of arms of Josemaría Escrivá.svg
教会 カトリック教会
主教区 オプス・デイ(属人区[1]
着座 1928年
離任 1975年
後任 アルバロ・デル・ポルティーリョ
司祭叙階 1925年3月28日
その他役職 私立ピウラ大学総長[2]
ペルーの旗ペルー
個人情報
出生 1902年1月9日
スペインの旗 スペイン
バルバストロ
死去 1975年6月26日(73歳)
イタリアの旗 イタリア
ローマ
テンプレートを表示
ホセマリア・エスクリバー・デ・バラゲル
Josemaría Escrivá de Balaguer
崇敬する教派 カトリック教会
列福日 1992年5月18日
列福場所 ローマ
列福決定者 ヨハネ・パウロ2世
列聖日 2002年10月6日
列聖場所 ローマ
列聖決定者 ヨハネ・パウロ2世
記念日 6月26日

ホセマリア・エスクリバー・デ・バラゲル(Josemaría Escrivá de Balaguer、1902年1月9日 - 1975年6月26日)はローマ・カトリック聖人オプス・デイの創立者。

来歴[編集]

著書[編集]

  • 「道」
  • 「拓」(ひらく)
  • 「鍛」(きたえる)
  • 「聖なるロザリオ」
  • 「十字架の道行」
  • 「知識の香」
  • 「教会を愛する」(アルバロ・デル・ポルティーリョとの共著)
  • 「神の朋友」(とも)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オプス・デイが属人区となったのは、ホセマリア・エスクリバーが帰天した7年後の1982年
  2. ^ 1964年にオプス・デイの創立者、ホセマリア・エスクリバーがスペインにあるナバラ大学の教授陣との会議で、新しい大学の設立を決定し、1969年南米ペルーに開校した。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]


執筆の途中です この項目「ホセマリア・エスクリバー」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。