ペントハウス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペントハウス
Tower Heist
監督 ブレット・ラトナー
脚本
原案
製作
製作総指揮
  • ビル・カラッロ
  • カレン・ケーラ・シャーウッド
出演者
音楽 クリストフ・ベック
撮影 ダンテ・スピノッティ
編集 マーク・ヘルフリッチ
製作会社
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ[1]
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年11月4日
日本の旗 2012年2月3日
上映時間 104分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $85,000,000[3]
興行収入 $142,817,865[4]
テンプレートを表示

ペントハウス』(原題: Tower Heist)は、ブレット・ラトナー監督による2011年クライムアクションコメディエンターテインメント映画である。

あらすじ[編集]

ニューヨークマンハッタンの超一等地にそびえ立つ、全米一の最高級マンション「ザ・タワ-」。タワーの管理マネージャーであるジョシュにとって、最上階のペントハウスで優雅に暮らす大富豪アーサー・ショウは、憧れの存在だった。しかしある日、20億ドルの横領疑惑でショウはFBIに逮捕されてしまう。しかも、ショウはタワーの従業員の年金までも横領していた事実が判明する。怒りに燃えるジョシュは、幼馴染の泥棒スライドを誘って、仲間とともにショウから金を取り返そうと考える。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版
熱血すぎる‘‘ザ・タワー’’管理マネージャー
ジョシュ・コヴァクス
ベン・スティラー 檀臣幸
しゃべりすぎる助っ人泥棒
スライド[5]
エディ・マーフィ 山寺宏一
ネガティブすぎるコンシェルジュ
チャーリー・ギブス
ケイシー・アフレック 逢笠恵祐
金持ちすぎる‘‘ザ・タワー’’ペントハウスの住人
アーサー・ショウ
アラン・アルダ 玉野井直樹
人が良すぎるウォール街の負け組み
Mr. フィッツヒュー
マシュー・ブロデリック 村治学
タフすぎるFBI捜査官
クレア・デナム
ティア・レオーニ 藤貴子
デタラメすぎるエレベーターボーイ
エンリケ・デヴロー
マイケル・ペーニャ 後藤ヒロキ
デカすぎるメイド
オデッサ・モンテロ
ガボレイ・シディベ 薬丸夏子
‘‘ザ・タワー’’総支配人
サイモン
ジャド・ハーシュ
‘‘ザ・タワー’’ドアマン
レスター
スティーヴン・マッキンレー・ヘンダーソン
FBI局長
メイジン
ジェリコ・イヴァネク
ジョシュの妹でチャーリーの妻
サシャ・ギブス
ジェシカ・ゾア
裁判所の警備員 ヘヴィ・D(カメオ出演)

製作[編集]

企画[編集]

『ペントハウス』のアイデアは2005年初め、エディ・マーフィがプロデューサーのブライアン・グレイザーとブレット・ラトナーに、クリス・タッカーケヴィン・ハートデイヴ・シャペルトレイシー・モーガンマーティン・ローレンスら黒人オールスターキャストがドナルド・トランプトランプ・タワーに強盗を仕掛けるという内容で企画がスタートした[6][7][8]。映画は元々はこのコンセプトの下で『Trump Heist』という題がつけられていた[9]。脚本はアダム・クーパーとビル・コラージュによって5年をかけて執筆され、その後ラッセル・ジェウィルスローソン・マーシャル・サーバーテッド・グリフィンレスリー・ディクソンノア・バームバックジェフ・ナサンソンにより書き直された(最終的にナサンソンとグリフィンが脚本クレジットに残った)[10]

脚本を書きなおすにつれ、徐々にコメディアンのアンサンブルから2人のキャラクターに焦点を当てた物語へと移った。またその頃エディ・マーフィは降板した。書き直された脚本は、かつてラトナーが『ラッシュアワー2』を監督するために降板した『オーシャンズ11』のリメイクのような内容であった[3][8]

プロジェクトは数年に渡って推移し、ラトナーは『サブウェイ・パニック』、『ショーン・コネリー/盗聴作戦』を含む1970年代の強盗映画を楽しみ[11]、彼は本作を監督するために『モンスター上司』を含む他の作品を降りた[12][13]。ラトナーはエディ・マーフィと働きたかったと主張した[11]。マーフィは脚本が完成し、スティラーの参加が決まったころにプロジェクトに復帰した。マーフィはグレイザーやキム・ロスと共にプロデューサーも兼任する[3][11]。2010年10月末、公開日が2011年11月4日に決まった[14]

脚本執筆[編集]

オリジナルのコンセプトが余りにも『オーシャンズ11』に近いと感じた[15]ラトナーは『ラッシュ・アワー』のナサンソンを脚本に起用しようと考えたが、その時点ではできなかった。ラトナーは代わりに『オーシャンズ11』の脚本家だったグリフィンを雇った。グリフィンは「コンセプトにリアルな動機づけと心臓を持ちこみ」、リッチなドナルド・トランプ上でのアンサンブルの強盗を展開する前提ではなく[15][8]、その代わりに、彼らの年金を横領したバーナード・マドフのようなビジネスマンに雇われるブルーカラーの従業員に焦点を当てた[15]。ラトナーはそのピッチを気に入り、彼の承認を得たそれをグライザーに見せた[8]。スティラーが脚本を読み、プロジェクトに参加すると、ラトナーはノア・バームバックにスティラーのキャラクターを書きなおさせた[8]。ナサンソンもプロジェクトに乗り込み、2010年10月にグリフィンの脚本の最終的な書き直しを行い[3][8][9]、「生涯と複雑さとキャラクターの特異性」を追加した[16]

撮影[編集]

ニューヨークでの撮影の様子

2010年11月に8500万ドルの製作費(戻し減税後に75000万ドル)でニューヨークで撮影が開始された[17][3][18]。プロダクションデザイナーのクリスティ・ズィーは、タワーとショウのペントハウスの贅沢な環境に組み込む美術を研究するためにいくつかの高級ホテルや高層住宅を訪問した。ズィーはタワーの洗練されたロビーの​​デザインを作成するために研究中に見たの要素と融合させた。ショウのペントハウスはコロンバスサークルセントラル・パーク・ウエストトランプ・インターナショナル・ホテル・アンド・タワー英語版の最上階からインスピレーションを得ている[19]。ズィーはラトナーが提案した特定の芸術作品に基づいて、ショウの実態を表現するための作品をアパートに持ち込んだ。ズィーはパブロ・ピカソフランシス・ベーコンサイ・トゥオンブリーアンディ・ウォーホルなどの芸術家によるモダンクラシックの再制作デザインを使用することを決めた[20]

音楽[編集]

サウンドトラックはクリストフ・ベックが手掛けた。『Tower Heist Original Motion Picture Soundtrack』は2011年11月1日にヴァレーズ・サラバンド・レコーズより発売された。全22トラック40分である[21]

公開[編集]

ワールド・プレミアは2011年10月24日にニューヨーク市のジーグフリード映画館で行われた[22][23]

興行収入[編集]

アメリカ合衆国とカナダ

公開前のアメリカ合衆国での観客調査では、全年齢層の男性、次いで高齢の女性から関心を持たれていた。ユニバーサル・ピクチャーズはオープニング成績は2500万ドルから3000万ドルになると予想した[24][25]

アメリカ合衆国とカナダでは3367館で封切られた[26]。深夜上映で85000ドル、金曜初日全体で8万5000ドルを売り上げ、同日の興行収入1位となった[26]。本作は週末興行収入でも1位になると予想されていたが[26][27]、土曜日の成績は1050万ドルで『長ぐつをはいたネコ』(1530万ドル)に劣っていた。週末3日間では約2400万ドルの売り上げであり、『長ぐつをはいたネコ』(3400万ドル)に次いで初登場2位であった[26][28]。そのときの観客の70%は25歳以上、27%が50歳以上で [29]、56%が男性だった[30][31]。またオープニングの観客の48%が白人、21%がアフリカ系アメリカ人、21%がヒスパニックだった[31]

北米外

2011年11月2日にイギリス、2011年11月4日にはスペイン、香港、インドを含む23カ国1948劇場で公開された[24][32][30]。所週末には950万ドルを売り上げた。最も高いのはイギリス(230万ドル、416劇場、3位)、次いでスペイン(160万ドル、300劇場、2位)だった[32]

批評[編集]

批評家には概ね肯定的な評価を受け、Rotten Tomatoesでは175件のレビュー中68%が支持し、「フレッシュ」となった[33]Metacriticでは39の媒体でスコアは59/100となった[34]CinemaScoreに観客調査ではA+からFまでの範囲で「B」判定となった[26][27]

受賞歴[編集]

部門 対象 結果 出典
2012 NAACPイメージ・アワード 作品賞 『ペントハウス』 未決定 [35]
主演男優賞 エディ・マーフィ 未決定

ビデオ・オン・デマンドへのボイコット[編集]

2011年10月5日、ユニバーサル・ピクチャーズは『ペントハウス』の劇場公開から3週間後にコムキャストビデオ・オン・デマンドシステムを用いて59.99ドルで家庭用レンタルすると発表した。これははアトランタとポートランドで実施されるテストケースとして発表された[36]。この動きにより、チケットの売り上げに影響を与えるという懸念から映画館チェーンからの批判を受けた[37]。後日、合衆国で3番目に大きい映画館チェーンであるシネマーク・シアターズが、ユニバーサルがテストを進めているあいだは本作を上映しないと発表した[37][38]。2011年10月11日、ギャラクシー・シアター、リージェンシー・シアターを含む独立系の劇場もボイコットを宣言した[39]。さらに後日には950スクリーンを持つナショナル・アミューズメント英語版劇場チェーンが加わった[40]。これによりユニバーサル・ピクチャーズは予定していたテストを中止するという声明を発表した[41][42]

参考文献[編集]

  1. ^ Tower Heist”. Visual Hollywood. Universal Pictures. 2012年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月1日閲覧。
  2. ^ Tower Heist”. British Board of Film Classification (2011年10月20日). 2011年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月26日閲覧。
  3. ^ a b c d e Itzkoff, Dave (2011年10月28日). “Forget the Art House; He's Making Blockbusters”. The New York Times (The New York Times Company). http://www.nytimes.com/2011/10/30/movies/brett-ratner-directs-tower-heist.html 2011年10月28日閲覧。 
  4. ^ “Tower Heist”. Box Office Mojo (Amazon.com). http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=towerheist.htm 2012年2月1日閲覧。 
  5. ^ スライドはジョシュにダーネルと呼ばれるシーンがある。
  6. ^ Production 2011, p. 3.
  7. ^ Eddie Murphy writing, starring in all-black alien abduction comedy”. Moviehole.net. (2011年10月30日). 2011年10月31日閲覧。
  8. ^ a b c d e f Fleming, Mike (2010年8月23日). “Ben Stiller, Brett Ratner, and Brian Grazer Make NYC Heist Plans For November”. Deadline.com (PMC). http://www.deadline.com/2010/08/ben-stiller-brett-ratner-and-brian-grazer-make-nyc-heist-plans-for-november/ 2011年10月31日閲覧。 
  9. ^ a b Fleming, Mike (2010年10月13日). “Eddie Murphy in Universal's Tower Heist. Deadline.com (PMC). http://www.deadline.com/2010/10/eddie-murphy-joins-universals-tower-heist/ 2011年10月31日閲覧。 
  10. ^ Production 2011, p. 1-2.
  11. ^ a b c Production 2011, p. 4.
  12. ^ Production 2011, p. 25.
  13. ^ McClintock, Pamela (2011年7月10日). “'Horrible Bosses' Almost Once Starred Ashton Kutcher, Johnny Knoxville; Sequels Discussed”. The Hollywood Reporter. Prometheus Global Media. 2011年7月28日閲覧。
  14. ^ Fleming, Mike (2010年10月29日). “Universal Sets Film Slate Release Dates”. Deadline.com (PMC). http://www.deadline.com/2010/10/universal-dates-its-tent-pole-hopefuls/ 2011年10月31日閲覧。 
  15. ^ a b c Weintraub, Steve (2011年11月1日). “Brett Ratner Talks Tower Heist, the Oscars, Beverly Hills Cop 4, Hong Kong Phooey, the Woody Allen Documentary He's Producing, and More”. Collider. 2011年11月2日閲覧。
  16. ^ Levy, Emanuel; Nichols, Mark (2011年10月31日). Tower Heist. Emanuel Levy. http://www.emanuellevy.com/review/tower-heist/ 2011年11月1日閲覧。 
  17. ^ Fleming, Mike (2010年8月24日). “Woody Allen Can't Afford to Shoot in New York but Gotham's Okay Without Him”. Deadline.com (PMC). http://www.deadline.com/2010/08/woody-allen-cant-afford-to-shoot-in-new-york-but-gothams-fine-without-him/ 2011年10月31日閲覧。 
  18. ^ Kaufman, Amy (2011年11月3日). “Movie Projector: Tower Heist to swipe No. 1 spot from rivals”. Los Angeles Times. Tribune Company. 2011年11月3日閲覧。
  19. ^ Production 2011, p. 10-11.
  20. ^ Production 2011, p. 11.
  21. ^ Tower Heist. Varèse Sarabande. http://www.varesesarabande.com/servlet/the-947/Tower-Heist/Detail 2011年11月1日閲覧。 
  22. ^ “Stars premiere Tower Heist in New York”. ITN (ITV plc). (2011年10月25日). オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jDMwSgu 2011年10月26日閲覧。 
  23. ^ Tower Heist NY Premiere”. Yahoo! (2011年10月25日). 2011年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年10月26日閲覧。
  24. ^ a b McClintock, Pamela (2011年11月3日). “Box Office Preview: Brett Ratner's Star-Packed Tower Heist Hopes to Steal $30 Mil Opening”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/box-office-preview-tower-heist-harold-and-kumar-257349 2011年11月4日閲覧。 
  25. ^ Stewart, Anderw (2011年11月3日). “'Tower' looking for B.O. power”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118045566?refCatId=13 2011年11月3日閲覧。 
  26. ^ a b c d e Finke, Nikki (2011年11月5日). “Weak B.O.: Tower Heist $85K Midnights; Harold & Kumar 3D Franchise Best $550K”. Deadline.com (PMC). http://www.deadline.com/2011/11/weak-midnight-box-office-harold-kumar-550k-tower-heist-85k/ 2011年11月6日閲覧。 
  27. ^ a b McClintock, Pamela (2011年11月5日). “Box Office: 'Tower Heist' Wins Friday, But 'Puss in Boots' Should Take Weekend”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/box-office-report-tower-heist-puss-in-boots-257938 2011年11月6日閲覧。 
  28. ^ Subers, Ray (2011年11月5日). “Friday Report: Tower Barely Steals Lead from Puss. Box Office Mojo (Amazon.com). http://www.boxofficemojo.com/news/?id=3301&p=.htm 2011年11月6日閲覧。 
  29. ^ Masters, Kim (2011年11月10日). “Who's to Blame for the 'Tower Heist'-Oscar Debacle? (Analysis)”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/brett-ratner-tower-heist-oscars-260300 2011年11月11日閲覧。 
  30. ^ a b Stewart, Anderw (2011年11月6日). “'Puss' purrs at top of weekend B.O.”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1118045670/ 2011年11月6日閲覧。 
  31. ^ a b McClintock, Pamela (2011年11月6日). “Box Office Report: Holdover 'Puss in Boots' Wins in Shocking Upset over Brett Ratner's 'Tower Heist'”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/box-office-puss-boots-tower-heist-258068 2011年11月7日閲覧。 
  32. ^ a b Segers, Frank (2011年11月6日). “Foreign Box Office: 'Tintin' Takes No. 1 Spot for Second Straight Weekend to Jump $100 Mil”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). オリジナル2012年1月14日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/64hFLn2C7 2011年11月7日閲覧。 
  33. ^ Tower Heist (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2011年12月31日閲覧。
  34. ^ Tower Heist”. Metacritic. CBS Interactive. 2011年11月4日閲覧。
  35. ^ “2012 NAACP Image Award Film And TV Nominations”. Deadline.com (PMC). (2012年1月19日). オリジナル2012年1月19日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/64oToT3G2 2012年1月19日閲覧。 
  36. ^ Fritz, Ben (2011年10月5日). Tower Heist to hit video-on-demand three weeks after theatrical debut”. Los Angeles Times (Tribune Company). オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jDxkEiA 2011年10月5日閲覧。 
  37. ^ a b McClintock, Pamela (2011年10月6日). “Giant Theater Chain Cinemark Threatens to Boycott Universal's Tower Heist. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jE1gvG7 2011年10月7日閲覧。 
  38. ^ “Cinemark Threatens Boycott Of Universal's Tower Heist Over Early VOD Experiment”. Deadline.com (PMC). (2011年10月6日). オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jE4Cyi2 2011年10月7日閲覧。 
  39. ^ Verrier, Richard (2011年10月10日). “More theaters threaten to hold up Universal movie Tower Heist. Los Angeles Times (Tribune Company). オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jEBQfGv 2011年10月11日閲覧。 
  40. ^ “National Amusements Comes Out Against Tower Heist VOD Plan”. Deadline.com (PMC). (2011年10月12日). オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jEK4Y9s 2011年10月12日閲覧。 
  41. ^ McClintock, Pamela (2011年10月12日). “Universal Backs Off Tower Heist Premium VOD Test”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jEPKNzp 2011年10月12日閲覧。 
  42. ^ Lieberman, David (2011年10月12日). “Universal Halts Tower Heist VOD Plan”. Deadline.com (PMC). オリジナル2011年10月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/62jEEs3XB 2011年10月12日閲覧。 

外部リンク[編集]