ベンガルショウノガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンガルショウノガン
ベンガルショウノガン
ベンガルショウノガン
Eupodotis bengalensis
保全状況評価
CRITICALLY ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 CR.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: ノガン科 Otididae
: シロハラノガン属 Eupodotis
: ベンガルショウノガン
E. bengalensis
学名
Eupodotis bengalensis
(Gmelin, 1789)
和名
ベンガルショウノガン
英名
Bengal florican

ベンガルショウノガンEupodotis bengalensis)は、動物界脊索動物門鳥綱ツル目ノガン科シロハラノガン属(本種のみでベンガルショウノガン属を構成する説もあり)に分類される鳥類。別名ベンガルノガン

分布[編集]

  • E. b. bengalensis

インド北東部、ネパール[1][2]

  • E. b. blandini

カンボジア[2]ベトナム[1]

形態[編集]

全長60-66cm。[2]体上面は黄褐色の羽毛で被われ、アルファベットの「V」字状および細かい黒褐色の斑紋が入る。[1][2]

虹彩は黄色や褐色。[2]嘴の色彩は黄色で、嘴の先端や峰は灰褐色。[2]後肢の色彩は淡黄色。[2]

オスは頭部や頸部、体下面が黒い羽毛で被われる。[1][2]後頭や胸部の羽毛は伸長する。[1][2]上雨覆や風切羽は白い。[1][2]幼鳥やメスの成鳥は全身が黄褐色の羽毛で被われる。[1][2]頭頂は暗褐色の羽毛で被われ、正中線に沿って淡黄褐色の筋模様(頭央線)が入る。[2]上雨覆や風切羽は淡黄褐色。[2]

分類[編集]

本種のみでベンガルショウノガン属Houbaropsisを構成する説もある。[2]

  • Eupodotis bengalensis bengalensis (Gmelin, 1789)
  • Eupodotis bengalensis blandini 

生態[編集]

灌木の点在する草丈が長い湿性草原に生息する。[1][2]薄明薄暮性で、昼間は草原内で休む。[1][2]

食性は雑食で、植物の葉(イネ科)、根、種子昆虫爬虫類などを食べる。[1][2]

繁殖形態は卵生。オスは草原内の一定の場所で鳴き声をあげながら垂直に地表から8-10mの高さまで羽ばたき、停空飛翔、羽を広げながら元の場所に降りるという行動を繰り返してメスに求愛する。[1][2]婚姻形態は乱婚性と考えられている。[2]3-6月に藪地の地面を掘った窪みに、1回に1-2個の卵を産む。[1][2]メスのみが抱卵し、抱卵期間は30日。[2]

人間との関係[編集]

開発による生息地の破壊、乱獲などにより生息数は激減している。[1][2]基亜種の生息地は自然保護区内に限られる。[1]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、94、177頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 黒田長久、森岡弘之監修 『世界の動物 分類と飼育10-II (ツル目)』、東京動物園協会、1989年、105、168頁。

外部リンク[編集]