ベルビー赤坂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルビー赤坂
belleVie Akasaka
閉鎖直後のベルビー赤坂2012年(平成24年)4月
閉鎖直後のベルビー赤坂
2012年平成24年)4月
店舗概要
所在地 107-0052[1]
東京都港区赤坂3-1-6[1]
開業日 1979年昭和54年)9月[1]26日
施設所有者 東京地下鉄[1]
施設管理者 メトロプロパティーズ
商業施設面積 4,726m²[1]

約6,000[2][3]
延床面積 14,313[1]
中核店舗 ビックカメラ[3]赤坂見附駅店[4]
店舗数 56
最寄駅 赤坂見附駅
外部リンク ベルビー赤坂

ベルビー赤坂(ベルビーあかさか、belleVie Akasaka)は、東京・赤坂にある商業ビルで[1]東京地下鉄(東京メトロ)・赤坂見附駅駅ビルである[3][2]

ファッションビルとして運営されていたが、2012年平成24年)3月末をもって事実上閉店[5]2013年(平成25年)6月7日よりビックカメラが入居している[3][4]

概要[編集]

東京メトロの前身である帝都高速度交通営団(営団地下鉄)が、1978年昭和53年)5月29日に、子会社の株式会社地下鉄ビルデイングと伊藤忠商事株式会社との合弁会社として「シーアイ・メトロビル株式会社」を設立、翌年9月26日にベルビー赤坂が開業した。

シーアイ・メトロビルは1999年(平成11年)6月30日に「株式会社ベルビーメトロ」に社名変更し、翌2000年(平成12年)10月1日には株式会社地下鉄ビルデイング(当時)に吸収合併されたことから、ベルビー赤坂の経営も同社に移管された。

ベルビー赤坂は2000年(平成12年)11月1日に全面改装開業し、同時にポカリスエットIPSAのロゴデザインを手がけたヘルムート・シュミットのデザインによる新しいロゴ 「.belle Vie」が採用された。また、「Club bellevie」というポイントカードも導入され、顧客獲得強化が図られていた。

2006年(平成18年)7月1日、ベルビー赤坂の事業はメトロプロパティーズに譲渡された。同社は、同年10月2日に行われた(旧)株式会社地下鉄ビルデイングの会社分割と吸収合併により、東京メトロの直接の子会社となった。

東京メトロとメトロプロパティーズによる改装工事が行われ、2007年(平成19年)5月10日に再び新装開店した。この際には「美しい人生 ~赤坂美人、生まれる。」をキャッチコピーとし、全56店舗中35店舗が入れ替えられた。これらの新店舗のうち14店舗は第1号店または新業態であった。

しかしながら、ビルの耐震性能に問題があることなどから[6][7]2012年平成24年)3月31日(建物1階の「ブティック・アシダ赤坂」のみ同年6月26日)をもって全店閉店した[5]

閉鎖後は、耐震補強工事を経て、家電量販店ビックカメラ』が2013年(平成25年)6月7日に赤坂見附駅店として出店している[3][4]

ビックカメラはベルビー赤坂の全フロアに入居しているが、核テナントという位置づけのためビルには「.belle Vie」の看板も残している。

地上入口
営業当時のベルビー赤坂

店舗概要[編集]

(営業当時)

  • 名称:ベルビー赤坂
  • 所在地:東京都港区赤坂3-1-6
  • 建物構造:地下1階地上9階建
  • 総店舗数:56店舗

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 『週刊東洋経済 臨時増刊 全国大型小売店総覧 2009年版』 東洋経済新報社、2009年。
  2. ^ a b 天野豊文 (2012年4月16日). “ビック、東京・赤坂に出店、都市部の新収益モデルに、「人の流れ」取り込み課題”. 日経MJ (日本経済新聞社)
  3. ^ a b c d e “東京・赤坂に駅直結店オープン−−ビックカメラ” 毎日新聞 (毎日新聞社). (2013年6月7日)
  4. ^ a b c 小野由香子 (2013年9月8日). “ビックカメラ赤坂見附駅店(東京・港)――働く人の「ビックリ箱」”. 日経MJ(日本経済新聞社)
  5. ^ a b これまでのご愛顧ありがとうございました ベルビー赤坂からのお知らせ 株式会社メトロプロパティーズのウェブサイト、平成24年5月5日閲覧
  6. ^ 「ベルビー赤坂」閉店へ-1階ブティックのみ営業 赤坂経済新聞 2012年3月27日付
  7. ^ ベルビー赤坂跡の工事進む-駅ビルに「ビックカメラ」の文字 赤坂経済新聞 2013年4月26日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]