ベルトルト・フォン・バーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルトルト
Berthold
バーデン家
Maximilian von Baden.jpg
マクシミリアンの家族。一番左がベルトルト(1914年)
称号 バーデン辺境伯
全名
出生 1906年2月24日
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flagge Großherzogtum Baden (1891–1918).svg バーデン大公国カールスルーエ
死去 1963年10月27日(満57歳没)
西ドイツの旗 西ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州シュパイヒンゲン郊外
配偶者 テオドラ
子女
父親 マクシミリアン
母親 マリア・ルイーゼ
宗教 キリスト教ルーテル教会
テンプレートを表示

ベルトルト・フォン・バーデンドイツ語: Berthold von Baden, 1906年2月24日 - 1963年10月27日)は、ドイツの旧諸侯家門であるバーデン大公家の家長(1929年 - 1963年)。

生涯[編集]

最後のドイツ帝国宰相を務めることになるバーデン大公子マクシミリアンと、その妻でハノーファー王太子エルンスト・アウグスト(2世)の長女であるマリア・ルイーゼの間の長男として生まれる。1929年にバーデン大公家家長だった父が死去すると、家督を継いだ。1931年8月17日にコンスタンツにおいて、ギリシャ王子アンドレオスの次女セオドラと結婚し、間に2男1女を儲けた。

参考文献[編集]

先代:
マクシミリアン
バーデン大公家家長
1929年 - 1963年
次代:
マクシミリアン・アンドレアス