ベルトルト・フォン・バーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベルトルト・フォン・バーデンBerthold Markgraf von Baden, 1906年2月24日 カールスルーエ - 1963年10月27日 シュパイヒンゲン郊外)は、ドイツの旧諸侯家門であるバーデン大公家の家長(1929年 - 1963年)。全名はベルトルト・フリードリヒ・ヴィルヘルム・エルンスト・アウグスト・ハインリヒ・カール(Berthold Friedrich Wilhelm Ernst August Heinrich Karl von Baden)。最後のドイツ帝国宰相を務めたバーデン大公家家長マックスと、その妻でハノーファー王太子エルンスト・アウグスト(2世)の娘であるマリア・ルイーゼの間の長男で、1929年にバーデン大公家の家督を継いだ。1931年8月17日にコンスタンツにおいて、ギリシャ王子アンドレオスの娘セオドラと結婚し、間に二男一女の3人の子女をもうけた。

参考文献[編集]