プタリン通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プタリン通り

プタリン通り (Jalan Petaling) (またはジャラン・プタリン、プタリン・ストリート、茨廠街)は、クアラ・ルンプール中華街の中心をなす通りの名前。周辺には主に広東人と客家が多く暮らしている。

華人の経営するレストランやホテル、安宿などが多く、欧米人バックパッカーの滞在者も多い。

海賊版CDやDVD、偽ブランド商品などが多く売られて、問題となっている。

周辺[編集]

最寄駅[編集]

歴史[編集]

  • 最初に中華街が形成された場所は、現在のTun H.S. Lee通り付近。広東人と客家が多く移住してきた。
  • 1870年に起きた内戦により、地区の大部分が破壊された。
  • スランゴール州で起きた内戦により、多くの錫鉱山が放棄され、そこで働いていた華人たちが、この地区に移住した。
  • Yap Ah Loyがこの地区にタピオカ・ミルク工場を建設した。

関連項目[編集]