ブラッシカ・ラパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラパ
Brassica rapa plant.jpg
ラパ(オランダ)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フウチョウソウ目 Brassicales
: アブラナ科 Brassicaceae
: アブラナ属 Brassica
: ラパ B. rapa
学名
Brassica rapa L. (syn. B. campestris)

ブラッシカ・ラパ(学名:Brassica rapa L.)はアブラナ科アブラナ属野草で、多様な栽培植物の原種と考えられている。特に命名されておらず、学名をそのまま読んで表記される。

古代から西アジアから北ヨーロッパ大麦畑に生える雑草で、古代、農耕文化が伝播すると共に、作物の種子に紛れて移動したと考えられている。

成長が早いなど、特徴のある株をウィスコンシン大学マディソン校が選抜育種し、「ファストプランツ」の名で教材用に販売されている。播種から2週間で開花し、35~40日で種子が採取できる。

変種[編集]

アブラナ属の植物は交雑しやすい特色を持ち、変種が多い。とりわけラパは数多く[1]、野菜として利用されているものが多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]