ジョアン・デ・ルーレイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョアン・デ・ルーレイロ(João de Loureiro、1717年9月8日 - 1791年10月18日)は、ポルトガルイエズス会宣教師古生物学者医師植物学者である。

リスボンに生まれた。イエズス会宣教師としてインドのゴアに3年、マカオに4年赴任した後、1742年にコーチシナを訪れ、その後30年間以上滞在した。ルーレイロは薬用植物の性質や使用法を学び、アジアの植物相の専門家となった。1777年に広東を旅し、4年後に帰国し、『コーチシナの植物』("Flora Cochinchinensis")(1790年)を出版した。

ルーレイロに関する書籍[編集]

  • Pe. João de Loureiro : missionãrio e botãnico by José Maria Braga, 1938.[3]

脚注[編集]