フランシスコ・ロブレス・オルテガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
枢機卿
フランシスコ・ロブレス・オルテガ
Francisco Robles Ortega
グラダラハラ大司教
Coat of arms of Jose Francisco Robles Ortega.svg
教会 カトリック教会
大司教区 グラダラハラ
着座 2012年2月7日
前任 Juan Sandoval Íñiguez
司祭叙階 1976年7月20日
司教叙階 1991年6月5日
枢機卿任命 2007年11月24日
その他役職 トルーカ司教区補佐司教(1991年 - 1996年
トルーカ司教(1996年 - 2003年
モンテレー大司教(2003年 - 2011年
座右の銘 in simplicitate fidei
個人情報
本名 José Francisco Robles Ortega
出生 1949年3月2日(65歳)
メキシコの旗 Mascota
国籍 メキシコ
テンプレートを表示

フランシスコ・ロブレス・オルテガFrancisco Robles Ortega, 1949年3月2日 - )は、2007年枢機卿に任命されたメキシコ出身のカトリック教会の聖職者である。現在グラダラハラ大司教 (enを務めている[1]。それ以前の2003年から2011年まではモンテレー大司教 (enを務めていた。 また、2012年の11月のメキシコ・カトリック司教会議で、トラルネパントラ(トラルネパントラ・デ・バス、首都メキシコシティの北部の地区)首都大司教 (enCarlos Aguiar Retesの退任に伴う選挙で議長に選ばれた[2]

人物[編集]

叙階までの生い立ち[編集]

フランシスコ・ロブレス・オルテガはフランシスコ・ロブレス・アレオーラ(1917年 - )、テレサ(1927年 - )夫妻の6人の子どもの3番目の子としてマスコータに生まれた。彼はアウトラン小神学校人文科学を学び、グアダラハラ神学校哲学を学び、さらにスペインサモラの神学校で神学を学んだ。

1976年7月20日に彼は、ホセ・バスケス・シロス司教によって司祭に叙階され、1979年までローマグレゴリアン大学で学び、STL(教皇庁学位)を取得した。メキシコ帰国後は、彼はアウトランの司教総代理を務め、その神学校では哲学と神学を教えた。1990年に7月にバスケス・シロス司教が死去すると、教区管理者に指名された。

司教[編集]

1991年4月30日、ロブレスは、教皇ヨハネ・パウロ2世によってトルーカ補佐司教に指名された。彼は、トルーカ大聖堂でアルフレード・トーレス・ロメロ司教により司教叙階を受けた。

ロブレスは1995年10月15日のトーレス・ロメロ司教の死去にともないトルーカの教区管理者を務め、翌1996年6月15日にトルーカ司教となり、同年7月15日に着座した。その後、2003年1月25日にモンテレー大司教に異動・昇任した。

枢機卿[編集]

2007年11月24日の枢機卿会議で、教皇ベネディクト16世はロブレスを枢機卿に任命した[3]。枢機卿となったロブレスは、2029年の3月2日に80歳を迎えるまで、あるいはそれまでに死去するかしない限り、コンクラーヴェの参加資格を保持することになる。

2011年1月5日、彼は新設された新しい福音宣教の推進のための司教会議の最初のメンバーに指名された[4]

2011年12月7日、ロブレス枢機卿は定年を迎えたファン・サンドヴァル・イニゲス枢機卿のグアダラハラ大司教の職を継承した。その結果、モンテレー大司教座は空位となったが、2012年11月24日に彼は社会的コミュニケーションのための司教会議のメンバーの一人ロヘリオ・カブレラ・ロペス司教をモンテレー大司教の後継に指名した[5]

思想[編集]

ドラッグ政策[編集]

モンテレー大司教だったときにはロブレスはドラッグ売買による社会への段階的なドラッグ浸透を阻止するための行動をとるための国の政党や組織に招かれてきた[6]

教育における世俗主義[編集]

カルロス・サリナス大統領政権下で新自由主義による世俗主義が推進され、政教分離を規定した憲法3条が一層の教育における政教分離を規定するために改訂されるときには、ロブレスは「私たちは憲法第3条を改訂のための裁判所の判決に基づいての憲法改訂の提案に反対する。なぜならこの改訂は宗教の主題を排除した上で、私立の教育機関においては世俗主義を力づけ、若い世代に(世俗主義的な)道徳的価値を教育するからである」と発言した[7]

貧困と謙遜[編集]

ロブレス大司教が23人の新しい枢機卿の一人として指名されたとき、アナリストらは、バチカンは謙遜を受け入れるために貧困と嘆願と信仰とを擁護する聖職者を選んだと言った[8]

家族政策[編集]

ロブレスは「家族は自然な制度であり、社会の基礎である」と言ってきたし、家族のような重要な制度をとってかわらないように、それを守ろうとする新しい法律に反対する人々に警告した[9]

参照[編集]

外部リンク[編集]

カトリック教会の称号
先代:
Alfredo Torres Romero
トルーカ司教
1996年 - 2003年
次代:
Francisco Chavolla Ramos
先代:
Adolfo Suárez Rivera
モンテレー大司教
2003年 - 2011年
次代:
Rogelio Cabrera López
先代:
Juan Sandoval Íñiguez
グラダラハラ大司教
2011年12月4日 - 現職
現職