首都大司教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

首都大司教(しゅとだいしきょう、 希:Μητροπολίτης,羅:Metropolita,英:Metropolitan bishop)は、キリスト教の一派カトリック教会聖職の階級の1つ。教会管区の裁治権を持つ司教である。管区大司教とも。カトリック教会による訳語。歴史的には正教会(Orthodox Church)の府主教(Metropolitan bishop)と同一の起源を持つ(ギリシャ語名はカトリック教会も正教会も同じである)。

以下本項ではカトリックの制度を解説する。

首都大司教は管区下の司教を招集する権利と義務を持つ。

カトリックにおいて全司教に対する裁治権を持つのはローマ司教(ローマ教皇)のみである。首都大司教にはローマ司教が祝別したパリウムが授与される。

大司教の権限は、配下にある司教らの相談役で、教会禄は自教区のみである。

日本には長崎教会管区、東京教会管区、大阪教会管区が置かれており、いずれも首都大司教が選ばれている。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「首都大司教」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。