フットボールリーグトロフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フットボールリーグトロフィー(Football League Trophy)は、イングランドで行われているサッカーのカップ戦。1983年創設。

この大会はフットボールリーグの下位2ディヴィジョン、つまりフットボールリーグ1に所属する24チームとフットボールリーグ2に所属する24チームの合計48チームによって争われる。

2006年からは、スポンサーの名称を冠してジョンストンズペイントトロフィー(Johnstone's Paint Trophy)と呼ばれている。また、ファンからはペイントポットトロフィー(Paint Pot Trophy)ペイントポットカップ(Paint Pot Cup)とも呼ばれる。

概要[編集]

フットボールリーグトロフィーは現在、フットボールリーグ1フットボールリーグ2に所属しているチームに出場権が与えられる。全48チームを北セクション・南セクションの2つに分け、さらにそれぞれのセクションを2つずつに分ける。4つのセクションを元に1試合ずつのノックアウト方式トーナメントを行い、それぞれのセクションを勝ち抜いたチーム同士で最終的にチャンピオンを決めることとなる。決勝戦は聖地ウェンブリー・スタジアムで行われる。ウェンブリーが改修中の2001年から2007年カーディフにあるミレニアム・スタジアムで決勝戦が行われていた。

歴史[編集]

1983-1984シーズンに上から3番目と4番目のリーグによるカップ戦として生まれた。1983-1984シーズンからスポンサーの冠名を採用しているため、何度も大会の名称が変わっている。ただし、正式名称は1983年-1992年がAssociate Members'Cup、1992年からがフットボールリーグトロフィーである。

元々3番目のリーグによる大会として1934年から1939年までフットボールリーグ・サードディヴィジョン・ノースカップフットボールリーグ・サードディヴィジョン・サウスカップが行われていた。しかし、この大会が第二次世界大戦の勃発により行われなくなると、しばらくこのような大会は姿を消してしまった。その後、1971年テキサコカップが開始、その大会が1975年アングロ-スコティッシュカップと変わると、1981年フットボールリーググループトロフィーへと姿を変えた。これがフットボールリーグトロフィーの前身の大会である。ただし、これらの大会は現在のフットボールリーグトロフィーと出場権や出場チーム数の面で大きく違っているため、純粋に後継の大会とは言い切れないところがある。

1983年にフットボールリーグトロフィーと形を変えてからも大会形式は何度も変更されている。第1ラウンドをリーグ制にしたり、下部リーグの数チームに出場権を与えてチーム数を調整するなどしたこともある。

大会名の変遷

  • 1983-1984 Associate Members'Cup - 現在の名称(フットボールリーグトロフィー)に変更された1992年までは、この名称が公式名称であった。
  • 1984-1987 Freight Rover Trophy
  • 1987-1989 Sherpa Van Trophy
  • 1989-1991 Leyland DAF Cup
  • 1991-1994 Autoglass Trophy
  • 1994-2000 Auto Windscreens Shield
  • 2000-2006 LDV Vans Trophy
  • 2006 Football League Trophy(決勝のみ。スポンサーが撤退)
  • 2006-現在 Johnstones'Paint Trophy

過去の勝者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]