フアン・マヌエル・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・マヌエル・マルティネス Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Juan Manuel Martínez
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 1985年10月25日(28歳)
出身地 リオネグロ州ビエドマ
身長 170cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
ポジション FW
背番号 7
利き足 両足
ユース
アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2012
2005-2006
2007
2007-2008
2012
2013-
アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド
アルゼンチンの旗 アルヘンティノス・Jrs (Loan)
コロンビアの旗 ククタ・デポルティーボ (Loan)
サウジアラビアの旗 アル・シャバブ (Loan)
ブラジルの旗 コリンチャンス
アルゼンチンの旗 ボカ・ジュニアーズ
144 (25)
13 0(1)
20 0(6)
15 0(3)
18 0(2)
5 0(1)
代表歴2
2011- アルゼンチンの旗 アルゼンチン 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年4月28日現在。
2. 2013年4月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フアン・マヌエル・マルティネス(Juan Manuel Martínez, 1985年10月25日 - )は、アルゼンチンリオネグロ州出身のサッカー選手ボカ・ジュニアーズ所属。アルゼンチン代表である。ポジションはFW

経歴[編集]

クラブ[編集]

ベレス・サルスフィエルドの下部組織で育ち、2003年10月1日、タジェレス・デ・コルドバ戦(2-1)でプロデビューした[1]。クラウスーラ2005第4節のCAラヌース戦(2-1)で初得点を決め、そのシーズンは13試合に出場して1得点ながら、チームはリーグ優勝を果たした[2]。2007年にはアルヘンティノス・ジュニアーズにレンタル移籍し、アペルトゥーラ2005では開幕戦から10試合連続で出場したが[3]、11節に膝を負傷して長期離脱した。半年以上をリハビリ期間に当て、クラウスーラ2006の最終戦となったコロン・デ・サンタフェ戦(1-0)で復帰した[4]。ベレスに復帰して半年間だけプレーした後、2007年にはコロンビアのククタ・デポルティーボにレンタル移籍し、同年のコパ・リベルタドーレスでは準決勝まで勝ち進んだ。その後はサウジアラビアのアル・シャバブ・リヤドにレンタル移籍した。

2008-09シーズンの開幕とともにベレスに復帰し、クラウスーラ2009では9試合に出場して1得点を挙げて自身2度目のリーグ優勝を果たした[5]。シーズン終盤にレギュラーのホナタン・クリスタルドが負傷したため、優勝のかかったラスト2試合はマルティネスが先発出場した。アペルトゥーラ2010は彼にとって最高のシーズンとなった。それまでにリーグ戦91試合に出場して6得点しか挙げておらず、決してレギュラーとはいえなかったが、このシーズンは前19試合に先発出場して10得点を記録した[6]。10節のコロン・デ・サンタフェ戦(6-0)ではアルゼンチンでは初となるハットトリックを達成し[7]ラシン・クラブ戦(2-0)で見せたプレーは「(5人抜きドリブルで知られる)ディエゴ・マラドーナのようだ」と称えられた[8][9][10][11]。その試合で彼は自陣からドリブルを始め、6人の相手選手を交わしてゴール前に到達し、ついにはゴールキーパーも振り切ってゴールを決めたのだった。このシーズンはエストゥディアンテスに次ぐ2位となった。2010年を通しての活躍から、マルティネスはアルゼンチンのスポーツジャーナリスト連盟が選ぶアルゼンチンリーグ最優秀選手に選ばれ、海外でプレーする最優秀アルゼンチン人選手のリオネル・メッシとともに表彰された[12]。2011年1月、ベレスとの契約を2013年まで延長した[13]

代表[編集]

2010年11月、セルヒオ・バティスタ監督によってアルゼンチン代表に初招集され、代表合宿に参加した[14]。この時の招集選手の中でアルゼンチン国内リーグ所属の選手は彼だけであった。2011年1月25日、ポルトガルとの親善試合にて初出場を果たした。ロスタイムに彼が獲得したPKをリオネル・メッシが決め、アルゼンチンを勝利に導いた[15]

2012年9月19日のブラジルとの親善試合で代表初得点となる先制点を挙げた[16]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アルゼンチンの旗 ベレス・サルスフィエルド

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Closing '03 statistics”. Argentine Soccer. 2010年8月10日閲覧。
  2. ^ Closing '05 statistics”. Argentine Soccer. 2010年8月10日閲覧。
  3. ^ Opening '05 statistics”. Argentine Soccer. 2010年8月10日閲覧。
  4. ^ Closing '06 statistics”. Argentine Soccer. 2010年8月10日閲覧。
  5. ^ Closing '09 statistics”. Argentine Soccer. 2010年8月10日閲覧。
  6. ^ Opening '10 statistics”. Argentine Soccer. 2010年12月17日閲覧。
  7. ^ “Te quiero, Burrito” (Spanish). Olé. (2010年10月10日). http://www.ole.com.ar/futbol-primera/Velez-Colon_0_350965026.html 2010年10月10日閲覧。 
  8. ^ Federico Rozenbaum (2010年12月13日). “El gol del campeonato” (Spanish). Olé. http://www.ole.com.ar/velez/gol-campeonato_0_389361080.html 2010年12月17日閲覧。 
  9. ^ Ariel Ruya (2010年12月12日). “Vélez fue primero en buen gusto” (Spanish). La Nación. http://www.canchallena.com/1333030-en-vivo-velez-pelea-fuerte-y-le-gana-a--racing-con-dos-golazos 2010年12月17日閲覧。 
  10. ^ “Golazo a lo Maradona de Burrito Martínez” (Spanish). Diario AS. (2010年12月12日). http://www.as.com/futbol/video/golazo-maradona-burrito-martinez/dasftb/20101213dasdasftb_23/Ves 2010年12月17日閲覧。 
  11. ^ “El golazo del "Burrito" Martínez da vuelta al mundo” (Spanish). La Voz del Interior. (2010年12月12日). http://mundod.lavoz.com.ar/futbol/el-golazo-del-burrito-martinez-da-vuelta-al-mundo 2010年12月17日閲覧。 
  12. ^ Messi y Martínez los ganadores del Olimpia” (Spanish). Playfutbol (2010年12月22日). 2010年12月22日閲覧。
  13. ^ Hay Burro por dos años más” (Spanish). Club Atlético Vélez Sársfield (2011年1月26日). 2011年1月26日閲覧。
  14. ^ Fernando Czyz (2010年11月15日). “Batista inicia un nuevo proceso de selección local” (Spanish). La Nación. http://www.canchallena.com/1325057 2010年11月15日閲覧。 
  15. ^ Micaela Cannataro (2011年1月25日). “Burro de Selección” (Spanish). Olé. http://www.ole.com.ar/velez/Burro-Seleccion_0_415158597.html 2011年1月26日閲覧。 
  16. ^ “ブラジルがアルゼンチンに逆転勝利…ネイマールが後半ロスタイムに決勝点”. SOCCER KING. (2012年9月20日). http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20120920/72175.html 2012年9月20日閲覧。 

外部リンク[編集]