ファラリョン・デ・パハロス島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯20度32分42秒 東経144度53分37秒 / 北緯20.54500度 東経144.89361度 / 20.54500; 144.89361

ファラリョン・デ・パハロス島
Farallon de Pajaros.jpg
座標 北緯20度32分42秒 東経144度53分37秒 / 北緯20.54500度 東経144.89361度 / 20.54500; 144.89361
面積 2 km²
最高標高 319 m
所在海域 フィリピン海
太平洋
所属諸島 マリアナ諸島
所属国・地域 北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島
テンプレートを表示
北マリアナ諸島の地図

ファラリョン・デ・パハロス島Farallon de Pajaros)は、マリアナ諸島北端の島。スペイン語で「鳥の岬」の意。「パハロス島」または「ウラカス島」[1]とも呼ばれる。

概要[編集]

北マリアナ諸島の最北にあり、概略位置は北緯20度33分、東経144度54分。サイパン島北方約600km、南硫黄島の南東約540km、母島の南南東約730kmに位置する。緯度では沖ノ鳥島よりも北にある。

円錐型をした無人の活火山島で、約500万年前から火山形成が始まり、20世紀中盤まで活発な火山活動があった。最近では1967年1989年噴火している。

面積約2平方km、島の中央付近の山頂は標高319m。土壌は溶岩火山灰で覆われ、ごく限られた植生が存在する。海鳥が多く生息し、営巣地となっている。北部諸島野生生物保護地域に指定されている。

カロリン諸島の原住民が、フィリピン海を航海する際、この島の噴火を灯台の代わりに用いたという伝承がある。

交通[編集]

定期便はない。サイパン島からまたはヘリコプターのチャーターのみ。

脚注[編集]

  1. ^ 日本名で、三角形の火山の頂が、海面に現れているばかりの島。(中山京子「火山活動でできた亜熱帯の島」/ 中山京子編著『グアム・サイパン・マリアナ諸島を知るための54章』明石書店 2012年 16ページ)

参考文献[編集]

関連項 目[編集]