ファラリョン・デ・メディニラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯16度01分02秒 東経146度03分31秒 / 北緯16.01722度 東経146.05861度 / 16.01722; 146.05861

ファラリョン・デ・メディニラ島
Farallon de Medinilla Aerial.jpg
2002年に北側から撮影
面積 0.845 km²
海岸線長 2.8 km
最高標高 81 m
所在海域 太平洋
所属諸島 マリアナ諸島
所属国・地域 北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島
テンプレートを表示
Farallon de Medinillaと書かれた島がファラリョン・デ・メディニラ島

ファラリョン・デ・メディニラ島(ファラリョン・デ・メディニラとう、: Farallon de Medinilla)はマリアナ諸島の北から10番目のである。サイパン島から72km北に位置する。サンゴ礁に囲まれた島であり、現在は無人島である。

地理[編集]

マリアナ諸島に属し、北のファラリョン・デ・パハロス島(パハロス島)から10番目にある。島の内部は火山となっているが、最近は活発な動きを見せておらず、サンゴ礁が発達している。

面積は0.845km2(0.326平方マイル・208.9エーカー)である。縦横の長さは2.8kmで、南部には150mの最大幅があり、北部には520mの最大幅がある。最高の高さは81m。

歴史[編集]

1899年から1918年までは、ドイツ植民地となっており、島の名前は1812年から1822年までマリアナ諸島の知事を務めたスペイン人 Don Jose から名付けられた。

現在はアメリカ軍沿岸警備隊が統治しており、実質アメリカの領土となっている。アメリカ海軍は島を艦載機の爆撃演習用に利用しており、衛星写真でもコンテナをX字に並べた標的を確認することができる。2002年には地元の鳥類研究センターが「鳥類が住む自然を破壊する」として訴訟を起こした。訴訟の判決は渡り鳥条約に違反しているとしてアメリカ国防省が演習場の演習の中止を決定している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]