ヒトヨタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒトヨタケ
ヒトヨタケ.JPG
分類
: 菌界
: 担子菌門
亜門 : 菌蕈亜門
: 真正担子菌綱
: ハラタケ目
: ナヨタケ科 Coprinaceae
: ヒトヨタケ属 Coprinopsis
: ヒトヨタケ C. atramentaria
学名
Coprinopsis atramentaria
(Bull.) Redhead, Vilgalys & Moncalvo (2001)

ヒトヨタケ一夜茸学名Coprinopsis atramentaria)は、ハラタケ目ナヨタケ科ヒトヨタケ属に属するキノコ。従来はヒトヨタケ科に属するとされてCoprinus atramentarius (Bull.:Fr.) Fr.という学名が与えられていたが、分子系統解析によるヒトヨタケ科の再編に伴いナヨタケ科に移行され、種小名も変更された[1]

から広葉樹の枯れ木や埋もれ木に発生する腐生菌である。は灰色で細かい鱗片があり、初め卵型だがだんだん縁が反転していく。ひだは初め白色で、胞子が成熟するにつれ、胞子自体の着色のため、黒色に変わっていく。は白色、無味でややキノコ臭がある。は白色で中空、不明瞭なつばの跡がある。

成熟した子実体の傘は周縁より中心部に向かって自己消化により次第に液化し、ついには柄のみ残し、一夜で溶けて黒色の胞子(担子胞子)を含んだ黒インクのような液と化してしまう。これがヒトヨタケの名の由来である。胞子の一部は空気中に飛散するが、大部分はこの液とともに流出する。英語ではこのキノコを"インク・キャップス"(インクの傘)と呼ぶ。

液化する前の幼菌は食用になり美味であるが、類を飲む前後に食べると中毒症状を呈する。含有成分コプリンの代謝生成物1-アミノシクロプロパノールが体内のエタノールの代謝酵素の作用を阻害するため、エタノールの酸化はアセトアルデヒドになった段階で、次の酢酸への代謝が阻害されてしまう。この結果、アセトアルデヒドが血中に蓄積するために、著しい悪酔い症状様の中毒症状を起こすこととなる。コプリンの作用が体内から消えるまで、食後一週間程度は飲酒を控えたほうが良い。コプリンと同様のエタノール代謝阻害作用による中毒を起こす美味なキノコとしては、他にホテイシメジ(成分はオクタデセン酸などの共役エノン、ジエノン類)が知られている。中毒症状は通常は4時間以内に、自然に回復する。[2]。食用されるササクレヒトヨタケにはコプリンは含まれない[3]

さっとゆでて、ねぎぬた三杯酢山椒の香りの吸い物にしたりするなどの調理が適する。

ヒトヨタケやササクレヒトヨタケ、ネナガノヒトヨタケ(無毒)などいくつかの近縁種は腐った古わらなど、腐敗した植物質によく発生する。漫画家松本零士が押入れにしまっていたパンツ(猿股)に生えたキノコを、「さるまたけ」と称して自らの漫画作品の題材にしたり、漫画家仲間のちばてつやに食べさせたというエピソードがあるが、状況から考えてこの仲間のいずれかである可能性が非常に高い。(松本本人も、「図鑑で調べたらヒトヨタケ」と言っている。[4]

脚注[編集]

  1. ^ Redhead SA, Vilgalys R, Moncalvo J-M, Johnson J, Hopple JS Jr.; Vilgalys, Rytas; Moncalvo, Jean-Marc; Johnson, Jacqui; Hopple, Jr. John S (2001). “Coprinus Pers. and the disposition of Coprinus species sensu lato.”. Taxon (International Association for Plant Taxonomy (IAPT)) 50 (1): 203–41. doi:10.2307/1224525. JSTOR 1224525. 
  2. ^ 化学的な機構はKienzlerら(1992年)の概説が参考になる
  3. ^ Benjamin, Denis R. (1995). Mushrooms: poisons and panaceas — a handbook for naturalists, mycologists and physicians. New York: WH Freeman and Company. p. 285. ISBN 0-7167-2600-9. 
  4. ^ 週刊ポスト2012年4月20日号

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]