ハラタケ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハラタケ目
Agaricales.jpg
分類
: 菌界 Fungi
亜界 : ディカリア亜界 Dikarya
: 担子菌門 Basidiomycota
亜門 : 菌蕈亜門 Agaricomycotina
: 真正担子菌綱 Agaricomycetes
: ハラタケ目 Agaricales
学名
Agaricales Underw., 1899
  • 本文参照

ハラタケ目(Agaricales)はキノコ分類子実体は、からなり、イグチ科はしっかりしているが、それ以外は柔らかく壊れやすい。虫に食べられていることも多い。傘の裏にはひだ、もしくは管孔があり、そこから胞子を飛ばす。ひだや管孔は幼菌では白いものが多いが、胞子が成熟すると色が変わるものも多い。胞子の色は科を調べる重要な手がかりになる。マツタケシイタケ等、食用になるものも多いが、毒キノコの大半がハラタケ目に属している。

種類[編集]

一般的な分類[編集]

塩基配列等による分類[編集]

この分類ではオウギタケ科とイグチ科がイグチ目になるが、イグチ目とハラタケ目はかなり似ていることが分かっている。一方、ベニタケ科はベニタケ目だが、ベニタケ目とハラタケ目はかなり遠いことが分かっている。

その他、ロルフ・シンガーはハラタケ目の下にハラタケ亜目イグチ亜目ベニタケ亜目を置くなど様々な分類が存在する。

分類[編集]

日本の多くの本では、菌界Fungi真菌門Eumycota担子菌亜門Basidiomycotina真正担子菌綱Eubasidiomycetes帽菌亜綱Hymenomycetidae)に分類されている。これは古い分類である。

参考文献[編集]