ヒオリテス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒオリテス
Haplophrentis.jpg
ヒオリテスの一種Haplophrentisの想像図
分類
: 動物界 Animalia
: 軟体動物門? Mollusca?[2]
: Hyolitha
アイダホ州で見つかったカンブリア紀中期のHyolithes cerops
エストニア北部で見つかったオルドビス紀中期の化石。中身の化石である。

ヒオリテスHyolitha)は円錐形の外骨格を持つ古生代の生物。軟体動物門ヒオリテス綱とされることもあり、ヒオリテス門として扱われることもある。

殻の構造[編集]

カルシウム質でできた殻には1枚の蓋 (operculumと、ヘレンズ(helens)と呼ばれる2本のヒゲ状のものが付いている。ほとんどの化石は体長1~4センチメートルであり、楕円または三角の断面形状として観察される。環状あるいは螺旋状の場合もある。

分類と生態[編集]

ヒオリテスはすでに絶滅しており、現存する生物種のどれにも似ていない。そのため、現存する生物種のどれと近い関係にあるのかは不明である。軟体動物門と考える研究者がいる。ヒオリテスをとして扱っている研究者もいるが、他の生物との関係を明らかにしていない[1]腸管が螺旋状になっていることから、星口動物に近いと考える研究者もいる[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Malinky, j. 2009 "Permian Hyolithida from Australia: The Last of the Hyoliths?" Journal of Paleontology 83(1):147-152.
  2. ^ Wotte, T. 2006. "New Middle Cambrian mollucs from the Láncara Formation of the Cantabrian Mountains (north-western Spain)". Revista Española de Paleontología 21(2):145-158
  3. ^ Introduction to Sipuncula

外部リンク[編集]