ハプロフレンティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハプロフレンティスは、カンブリア紀の生物。小さな殻で覆われた動物であったとされる。その殻は長くて円錐形をしており、2本の長い触手のような器官を持っていた。これらの器官はおそらくスタビライザーの働きをしたか、移動のために使われた、もしくは捕食のために使われたと考察されている。

Haplophrentis carinatus.

ハプロフレンティスの化石は、捕食者とされるオットイア体内にて見つかった。

ハプロフレンティスは、2-6mm程度の間の大きさをとった。この動物はHyolithとされている場合もある。しかし、一部の科学者はこの動物を軟体動物と考えている。

参考文献[編集]