パリ〜ルーベ2010

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パリ〜ルーベ2010は、パリ〜ルーベの108回目のレース。2010年4月11日に行われた。

パヴェのセクター一覧[編集]

  • パヴェ(石畳)は全行程に27セクター用意されている[1]
セクターNo. 始点からの距離(km) 行程 長さ(km)
27 97.5 トロワヴィユ > アンシュイ 2.2
26 104.0 ヴィエスリ > キエヴィ 1.8
25 106.5 キエヴィ > サン=ピトン 3.7
24 115.5 サン=ピトン 1.5
23 119.0 ヴェルテン > サン=マルタン=スュレケヨン 2.3
22 126.0 カプル=スュレケヨン > ル=ビュア 1.7
21 138.0 ヴェルシェン=モグレ > ケレネン 1.6
20 141.0 ケレネン > メン 2.5
19 144.0 メン > モンショー=スュレケヨン 1.6
18 155.5 アヴリュイ > ワレル 2.5
17 164.0 トルエ・ダランベール 2.4
16 176.0 オルネン > ワンディニェ=アマージュ 3.7
15 183,5 ワルレン > ブリヨン 2.4
14 187.0 ティヨワイ > サルセ=ロジエール 2.4
13 193.5 ブヴリ=ラ=フォレ > クロイエ 1.4
12 198.5 オルシエ 1.7
11 204.5 オシュイ=レ=オルシエ > ベルセ 2.6
10 210.0 モンサン=ペヴェル 3.0
9 216.0 メリニェ > ル・プレズ 0.7
8 219.5 ポン=ティボー > アヌヴァラン 1.4
7 225.0 タンプルヴ (レパヌト) 0.2
7 225.5 タンプルヴ (ムラン=ド=ヴェルテン) 0.5
6 232.0 シソワン > ブルゲル 1.3
6 234.5 ブルゲル > ワヌエン 1.1
5 239.0 カンファナン=ペヴェル 1.8
4 241.5 カルフール・ド・ラルブル 2.1
3 244.0 グリュゾン 1.1
2 250.5 ウィラン > アン 1.4
1 257.5 ルーベ 0.3

レース概要[編集]

60km地点過ぎから19選手が逃げる展開となった。メイン集団ではセクター18・アヴリュイで落車やメカトラブルが続発し、ベルンハルト・アイゼル(チーム・HTC=コロンビア)やタイラー・ファーラー(ガーミン・トランジションズ)などが遅れを取ってしまう。一方、例年集団落車やパンクで阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられるセクター17・アランベールでは先頭集団・メイン集団共目立ったトラブルは発生しなかった。

その後、逃げが吸収されてメイン集団が再び大きくなる中でトム・ボーネン(クイックステップ)が積極的な動きを見せるが、そのボーネンが一旦ペースを落としたセクター10・モンサン=ペヴェルの手前となる残り50km過ぎにメイン集団からのアタックに乗じたファビアン・カンチェラーラ(チーム・サクソバンク)がスパート。カンチェラーラは前方で逃げていた選手を一気にぶち抜いてそのまま独走を開始。これに対してボーネンやフィリッポ・ポッツァート(チーム・カチューシャ)、フアン・アントニオ・フレチャ(チーム・スカイ)、トル・フースホフト(サーヴェロ・テストチーム)ら有力選手を含む8選手が追撃するも、カンチェラーラとの差はどんどん開いていく。

結局、カンチェラーラは一時後続に3分以上の大差をつけるなど50km近い独走を決めて4年ぶり2回目の優勝を果たした。同一年におけるロンド・ファン・フラーンデレンとのダブル勝利は2005年のボーネン以来、史上8人目の快挙となる。

表彰台争いはセクター3・グリュゾンの手前でフースホフトとフレチャが先行。最後はスプリントをフースホフトが制して2位、フレチャが3位となった。3連覇・史上最多タイの4回目の優勝を狙ったボーネンは5位に終わった。

日本人選手唯一の出場となった別府史之(チーム・レディオシャック)はゴール地点に辿り着いたが、制限時間オーバーにより完走は認められなかった。

結果[編集]

コンピエーニュからルーベまでの259km
選手名 国籍 チーム 時間
1 ファビアン・カンチェラーラ スイスの旗 スイス チーム・サクソバンク 6時間35分10秒
2 トル・フースホフト ノルウェーの旗 ノルウェー サーヴェロ・テストチーム +2分00秒
3 フアン・アントニオ・フレチャ スペインの旗 スペイン チーム・スカイ
4 ロジャー・ハモンド イギリスの旗 イギリス サーヴェロ・テストチーム +3分14秒
5 トム・ボーネン ベルギーの旗 ベルギー クイックステップ
6 ビェルン・ルクマンス ベルギーの旗 ベルギー ヴァカンソレイル +3分20秒
7 フィリッポ・ポッツァート イタリアの旗 イタリア チーム・カチューシャ +3分46秒
8 ライフ・ホスト ベルギーの旗 ベルギー オメガファーマ・ロット +5分16秒
9 セバスティアン・イノー フランスの旗 フランス アージェードゥーゼル・ラモンディアル +6分27秒
10 ヘイデン・ルールストン ニュージーランドの旗 ニュージーランド チーム・HTC - コロンビア +6分59秒

脚注[編集]

  1. ^ パヴェセクター一覧(ASO)

外部リンク[編集]