パウロ・コエーリョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Paulo Coelho 30102007.jpg

パウロ・コエーリョ(Paulo Coelho、1947年8月24日 - )は、ブラジル作詞家小説家ブラジル文学アカデミー会員。


略歴[編集]

ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに生まれる。大学の法学部に進学するも、1970年、突然学業を放棄して、旅に出る。メキシコペルーボリビアチリを経て、ヨーロッパ北アフリカにも足を伸ばす。2年後、ブラジルに帰国して、流行歌の作詞を手がけるようになり、人気歌手ラウル・セイシャスに詞を提供する。また、グロリア・ゲイナーの I will survive の歌詞をポルトガル語に翻訳、ブラジル歌手のヴァヌーザがこれを歌った。1974年、ブラジルの軍事独裁政権に対する反政府活動に関与との嫌疑を受け、短期間投獄される。

その後、しばらくレコード制作を手がけるが、1979年、再び仕事を放棄して、世界を巡る旅に出る。1987年、『星の巡礼』(O Diário de um Mago)を執筆刊行して、作家デビューを飾る。これは彼がスペインサンティアゴ・デ・コンポステーラへいたる巡礼の道を歩いた体験を下敷きにしたもの。この本はあまり大きな成功をもたらさなかったが、翌年の1988年に出版した第2作『アルケミスト - 夢を旅した少年』(O Alquimista)はブラジル国内で20万冊を超えるベストセラーとなり、38ヵ国の言語に翻訳された。以降の著作は世界中の国々から様々な文学賞を受賞している。

現在、妻のクリスティーナと共にリオ・デ・ジャネイロに在住。

主要な作品[編集]