バトルマニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バトルマニア
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 メガドライブ
開発元 ビック東海
発売元 ビック東海
人数 1人
メディア ロムカセット(4メガビット)
発売日 1992年3月6日
テンプレートを表示

バトルマニア』は、1992年3月6日ビック東海から発売されたメガドライブシューティングゲームである。

概要[編集]

サイドビューのスクロール(ステージによって縦、横が変わる)シューティング。主人公の大鳥居マニアと相棒の羽田マリアを操り、全6ステージを戦う。

アメリカではGENESIS用に"TROUBLE SHOOTER"として発売された。

ストーリー[編集]

犯罪結社「アナグラン商会」の会頭ドン・モルグスティンに皇太子デンカがさらわれた!大佐は国王ヘイカにトラブル・シューターの起用を提言した。危険な仕事を解決するトラブル・シューターのマニアとマリアのペア。時に非合法…。

操作方法[編集]

3つのボタンがスーパーウェポンショットマリアの振り向きに当てられている。

スーパーウェポン[編集]

チャージメーターが満タンになると使用できる特殊攻撃。ステージ開始時に選択する。ステージ5では使用できない。

サンダー
画面全体に有効な稲妻攻撃。
ワイパー
上下に延びる攻撃棒。前後に移動する事でワイプできる。
ゲーマー
マニアの周囲を回転する爆破ボム。
ミサイル
前方に縦4列のミサイルが4回発射される。

ショット[編集]

メインウェポン。アイテムを取る事で7段階にパワーアップする。

マリアの振り向き[編集]

マニアは右を向いているだけだが、マリアはボタンを押して左を向かせることができる。またマリアには当たり判定がなく、地形にスクロールアウトされても数秒後に戻ってくる。このため、マリアの使いどころが攻略の鍵になっている。

キャラクター[編集]

大鳥居マニア
メインキャラクター。女性とは思えない豪放磊落な性格。ネーミングの由来はセガ最寄り駅から。
羽田マリア
サブキャラクター。マニアのサポート役に徹するしっかり者。ネーミングの由来はセガの本社所在地から。
皇太子デンカ
ドン・モルグスティンにさらわれた某国の皇太子。マニアたちに救出されたあと、ともに戦うステージがある。
ドン・モルグスティン
犯罪結社「アナグラン商会」の会頭。一度はマニアたちに倒されるが…。

バカゲーとしての側面[編集]

本作は、続編の『バトルマニア大吟醸』とあわせて、バカゲーの代表作として書籍に取り上げられる事も多い。電源を入れるとオープニングでセガのロゴを車でぶん回し、このときに裏技を入力するとセガの敵会社ゲーム機をマニアが踏みつけるというグラフィックが現れる。ゲーム中では、ステージ1がガード下から始まったり、コンティニューの賽銭箱が魂亭入だったりと、至る所にデザイナーのバカセンスがあふれている。

しかし、そのセンスを支えているのは優れたプログラミング技術であり、たとえばステージ1ボスの「はっはっはっ」というボイスを、サンプリング速度を変化させて音程を変えたり、ステージ3のボスなどの大型キャラクターをばりばり動かしたりなど、確かな技術と経験に裏付けられながらのバカゲーとして評判である。そのため、レトロゲームを扱った書籍で「お宝ゲーム」と取り上げられたり、中古ゲームショップで高い値段がついているなど、メガドラソフトの中で知る人ぞ知る名作の一つに数えられている。

参考文献[編集]