ハシジロキツツキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハシジロキツツキ
ハシジロキツツキ
保全状況評価
CRITICALLY ENDANGERED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))[1]
Status iucn3.1 CR.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キツツキ目 Piciformes
: キツツキ科 Picidae
: Campephilus
: ハシジロキツツキ
C. principalis
学名
Campephilus principalis
(Linnaeus, 1758)
和名
ハシジロキツツキ
英名
Ivory-billed Woodpecker

ハシジロキツツキ(嘴白啄木鳥、学名Campephilus principalis)は、キツツキ目キツツキ科に分類される鳥。

分布[編集]

形態[編集]

全長50センチメートル。キツツキ科の鳥の中では、メキシコ西部に生息する近縁種のテイオウキツツキ (C. imperialis) に次いで2番目に大型の種である。頭部は赤色で、嘴は肌色。顔から背中、翼の上半分、尾羽にかけては黒褐色で、翼の下半分は灰色。顔の横から背中の左右にかけて、白い帯が入る。

亜種[編集]

  • Campephilus principalis principalis アメリカハシジロキツツキ : 北アメリカ南東部
  • Campephilus principalis bairdii キューバハシジロキツツキ : キューバ

生態[編集]

森林に生息する。食性は昆虫食で、巨木の樹皮の下に潜む甲虫の幼虫などを捕食する。巨木に巣穴を掘り、繁殖に利用する。

人間との関わり[編集]

アメリカハシジロキツツキは森林伐採により生息数を減らし、1945年には絶滅が確定されたが、2005年に再発見された。キューバハシジロキツツキも森林伐採により1970年代に絶滅したとみられていたが、1986年4月に再発見された。1950年代から絶滅が危惧されており、国際保護鳥に指定されていた。

アニメーションキャラクター、ウッディー・ウッドペッカーのモデルとされている。

脚注[編集]

  1. ^ BirdLife International 2009. Campephilus principalis. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.2.

参考文献[編集]


執筆の途中です この項目「ハシジロキツツキ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類