ノヴィ・アヴィオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノヴィ・アヴィオン

ノヴィ・アヴィオン

ノヴィ・アヴィオン

ノヴィ・アヴィオンNovi Avion、「新型機」の意)は、ユーゴスラビアの航空技術研究所(Vazduhoplovno Tehnicki Institut:VTI)で設計されたクリップトデルタ翼カナード型の第4世代の超音速マルチロール機である。本機は量産が始まる寸前の1991年にキャンセルされた。

概要[編集]

この計画は、1980年代にはほぼ全ての軍用装備品(戦車、軽攻撃機潜水艦 等)を国産品で賄えるようになっていたユーゴスラビアで唯一輸入せざるを得なかったジェット制空戦闘機を完全自給できることを目指して1980年代半ばに始まった。1991年ユーゴスラビア社会主義連邦共和国が分裂するとこの航空機の生産を開始する資金が入手できなくなったため計画は破棄された。

計画が破棄された時点で設計は完了まであと1年という段階であり、生産設備の中には設計が完了しているものやコックピットのように試作機の部品の中には既に完成しているものもあった。計画が中止になっていなければ試作機の初飛行は1992年に予定され、1990年代の半ばか終わりには就役することになっていた。開発作業はユーゴスラビアの主要な軍事技術研究所であるベオグラードにある航空技術研究所(Vazduhoplovno Tehnicki Institut:VTI)で行われた。

ユーゴスラビアはこの機種を約150機生産してMiG-21ソコ J-21 Jastrebを代替することを予定し、数百機を世界市場に輸出することも計画していた。この計画の言及に使用されるノヴィ・アヴィオンという用語はセルビア・クロアチア語で「新型機」という意味であるが、この機体が就役した折には適切な名称を与えられることになっていた。

設計[編集]

コックピット

ノヴィ・アヴィオンはフランスダッソー ラファールと最も近い外観を持っているがラファールよりも小型の単発機であり、制空、迎撃偵察地上攻撃、対艦攻撃といった多様な任務をこなせるように設計されている。最大速度はマッハ2弱で、音速と亜音速領域の双方での高度な運動性能が重視され、機体の主要な部分は複合材料で構成されている。

設計ではレーダー反射断面積を低減する機能を幾つか備えるように考えられていたが本機は真正のステルス機ではなく、先進的なECM/ECCM装置を装備している。他国の如何なる機体も基本にしていない完全なユーゴスラビア独自の設計であるが、多機能レーダーのようなユーゴスラビアが開発した経験したことの無い複雑な部品のほとんどの設計についてはフランスがある程度の援助を与えた。

エンジンはラファールに使用されているものと同じフランス製のSNECMA M88が装着される予定で、搭載兵装の大部分もおそらくフランス製の兵器か又はフランスの援助で製造されるものになる予定であった。

要目[編集]

三面図
  • 乗員:1名
  • 全長:13.75 m (45.1 ft)
  • 全幅:8.00 m (26.2 ft)
  • 全高:4.87 m (15.9 ft)
  • 翼面積:30 m² (322.9 sq.ft)
  • 翼面荷重:446.67 kg/m²
  • 空虚重量:6,247 kg (13,772 lb)
  • 最大離陸重量:13,400 kg (29,542 lb)
  • エンジン:1 × SNECMA M88 ターボファンエンジン
  • 最大速度:マッハ 1.88 (1,243 mph [2,000 kph])
  • 航続距離:3,765 km (2,339 mi)
  • 巡航高度:17,000 m (55,775 ft)
  • 上昇率:16,500 m/min
  • 武装:
    • 機銃:1 × 30 mm 機関砲
    • ハードポイント:合計11(赤外線誘導空対空ミサイル用翼端ハードポイント × 2を含む)

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]