トロイ・マーフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロイ・マーフィー
Troy Murphy
Troy Murphy2.jpg
名前
本名 Troy Brandon Murphy
ラテン文字 Troy Murphy
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1980年5月2日(34歳)
出身地 ニュージャージー州モリスタウン
身長 211cm
体重 111.1kg
選手情報
ポジション センター
ドラフト 2001年 14位
経歴
2001-2007
2007-2011
2010-2011
2011
2011-2012
ゴールデンステート・ウォリアーズ
インディアナ・ペイサーズ
ニュージャージー・ネッツ
ボストン・セルティックス
ロサンゼルス・レイカーズ

トロイ・ブランドン・マーフィーTroy Brandon Murphy, 1980年5月2日 - )はアメリカ合衆国ニュージャージー州モリスタウン出身のバスケットボール選手。ポジションはセンター。身長211cm、体重111.1kg。

経歴[編集]

NBA[編集]

ノートルダム大学に3年間在籍した後、アーリーエントリーを宣言。2001年NBAドラフトにおいてゴールデンステイト・ウォリアーズから全体14位指名を受けた。ルーキーイヤーの2001-02シーズンは地味な成績で終えたものの、2年目の2002-03シーズンは躍進。開幕から先発起用されると、ダブルダブルを量産。10リバウンド以上獲得できる選手として認知されるようになった。2月のオールスターウィークエンドではルーキーチャレンジ(新人のオールスター)に2年目の選手代表として出場した。また、この年のMIP(最も成長した選手)を選出する投票では3位だった。しかし期待された3年目の2003-04シーズンは、故障によって28試合の出場に留まり、不本意なシーズンをすごしてしまった。

2004-05シーズンは3Pシュートに開眼。キャリアでは前年に17本の3Pシュートを試みたのが最高だったが、この年は70試合出場のうち148本ものシュートを放って59本成功させた(確率は.399)。オフェンスにおいても平均15.4得点を記録し、また平均10.8リバウンドで一昨年以来のシーズンダブルダブルを記録している。2005-06シーズンは若干成績は下降しているが大きな怪我をすることなく74試合の出場を果たした。

2006-07シーズンは低迷するウォリアーズを再編すべくドン・ネルソンが11年ぶりにHCに就任。開幕前はマーフィーをセンター起用する方針でいたが、結局、アンドリス・ビエドリンシュが先発センターを務めることになり、昨年同様パワーフォワードでの先発になった。また開幕前のプレシーズンゲームにおいて相手選手と接触した際に鼻骨を骨折。開幕戦からはフェイスガードを装着して望むことになった。その後、プレイ面では不調。故障も重なって欠場を繰り返した。そしてシーズン途中の1月17日、トレードによりアル・ハリントンスティーブン・ジャクソンサルナス・ヤシケヴィシウスジョシュ・パウエルと交換で、マイク・ダンリービー・Jrアイク・ディオグキース・マクリオドと共に、ペイサーズへ移籍した。

2010年オフに、トレードで、ニュージャージー・ネッツへ移籍。

2011年2月23日に、ユタ・ジャズ(当時)のデロン・ウィリアムスらが絡む、三角トレードにより、かつて所属したゴールデンステート・ウォーリアーズへ移籍するも、バイアウトされる。

その後、3月2日に、ボストン・セルティックスと契約。

2011-12シーズンはロサンゼルス・レイカーズでプレーした。

プレイスタイル[編集]

前述の通り、2004年以降は3Pシュートも多投するようになったビッグマンである。元々フリースローも高確率で決めており、長身の割りには器用だったといえよう(長身選手には外郭からのシュートやフリースローを苦手にする選手が数多い)。外郭からのシュートのおかげで3Pラインの外側、またハイポストからローポストまで、シュートセレクション(シュートの選択肢)の幅が広がった。やはりファンの多くは最大の魅力をリバウンドに感じており、毎試合10個前後を記録する。キャリアハイは2003年に記録した22リバウンドである。しかし211cmの身長ながらブロックショットはキャリア平均0.4ブロックで、非常に少ない。

外部リンク[編集]