デスライク・サイレンス・プロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デスライク・サイレンス・プロダクション
Deathlike Silence Productions
設立 1980年代後半[1]
設立者 オイスタイン・オーシェト
現況 消滅
販売元 ヴォイシズ・オヴ・ワンダー
ジャンル ブラックメタル
デスメタル
ノルウェーの旗 ノルウェー
本社所在地 オスロ

デスライク・サイレンス・プロダクション (Deathlike Silence Productions)は、ノルウェーオスロにあったインディーズレコード・レーベルDSPと略されることもある。1980年代後半にメイヘムギタリストユーロニモス (オイスタイン・オーシェト)によって設立された。ユーロニモスがヴァルグ・ヴィーケネス刺殺される1993年まではユーロニモスによって経営されていたが、ユーロニモスの死後も少しの間存続した。ノルウェーのレーベル、ヴォイシズ・オヴ・ワンダー (現:ヴォイシズ・ミュージック・アンド・エンターテイメント)がディストリビュートしていた。しかし、レーベル自体は既に消滅しており、結局リリースしたのは9枚の作品のみである[2]。ただし、中には現在再発されているCDでもデスライク・サイレンス・プロダクションのリリースとされ、規格品番もデスライク・サイレンス・プロダクションの物を用いているものがあるが、前述のようにデスライク・サイレンス・プロダクション自体は既に消滅している。規格品番は、イギリスイヤーエイク・レコードの規格品番『MOSH』に対抗して、『ANTI-MOSH』であった。これは、ユーロニモスがアンダーグラウンド主義で有ったことなどが起因しているとされる。

デスライク・サイレンス (Deathlike Silence)の名前は、ソドム1986年にリリースした1stアルバムObsessed by Cruelty』に収録された楽曲、『Deathlike Silence』から派生した。

当初はノルウェーのバンドとのみ契約していたが、1990年初めにはスウェーデンのバンドとも契約するようになり、1993年頃には更に広い外国のバンドとも契約するようになった。ユーロニモスは死の直前には、ギリシャロッティング・クライストコロンビアマサカーペルーHadezイスラエルサレムとの契約を検討していた。また、レーベルが消滅する直前にはイタリアゴシックメタルバンド、Monumentumのデビューアルバム『In Absentia Christi』のリリースも計画されていた。

日本ブラックメタルバンドSighは、1stアルバム『Scorn Defeat』をデスライク・サイレンス・プロダクションからリリースしている。このアルバムは非スカンディナヴィア出身バンドの作品としては、デスライク・サイレンス・プロダクションからリリースされた唯一の作品であった。

リリースリスト[編集]

リリースは、規格品番の順には行われていない

脚注[編集]

  1. ^ 田村直昭 (1994年). "狂魔密儀" [CDライナー]. メイヘム 『De Mysteriis Dom Sathanas』のアルバム・ノーツ 日本東京都千代田区: ディスクユニオン (ANTI-MOSH-006).では、Deadの死後設立となっているがリリース状況から誤りであると考えられる
  2. ^ うち1枚は再発盤なのでオリジナルは8枚。

関連項目[編集]