デッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デッド
Dead
基本情報
出生名 ペル・イングヴェ・オリーン
Per Yngve Ohlin
別名 デッド (Dead)
ペレ (Pelle)
出生 1969年1月16日
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン
ストックホルム県 ストックホルム
死没 1991年4月8日(満22歳没)
ノルウェーの旗 ノルウェー
アーケシュフース県 クロクスタ近郊
ジャンル ブラックメタル
デスメタル
スラッシュメタル
職業 ボーカリスト
作詞家
イラストレーター
担当楽器
活動期間 1986年 - 1991年
共同作業者 メイヘム
モービッド英語版

デッド (Dead、本名:ペル・イングヴェ・オリーン (Per Yngve "Pelle" Ohlin)、1969年1月16日 - 1991年4月8日)は、スウェーデンストックホルム出身のヘヴィメタルミュージシャンノルウェーブラックメタルバンドメイヘム (Mayhem)のボーカリストとして著名。また、メイヘム加入前は、スウェーデンのブラック/スラッシュ/デスメタルバンド、モービッド (Morbid)に参加していた。

活動期間も短い上に、スタジオ・アルバムに参加したことは無く、ライブ・アルバムデモテープなどにしか音源は残っていないが、その過激なパフォーマンスや凄絶な最期などにより、ブラックメタルの中でも最も有名なボーカリストの一人である。また、コープスペイントと呼ばれる死化粧をブラックメタルに取り入れたパイオニアとしても有名である。

ロードランナー・レコードの『THE 50 GREATEST METAL FRONT-MEN OF ALL TIME!』で48位にランクインした[1]

バイオグラフィー[編集]

1969年スウェーデン首都ストックホルムで生まれる。出生名は、ペル・イングヴェ・オリーン(Per Yngve Ohlin)。子供のころには、睡眠時無呼吸症候群に苦しめられた[2]。10歳の時には、脾臓が破裂し内出血で苦しめられたこともある。後にオリーンが語ったことによると、アイススケートの事故だったという。しかし、スウェーデンのメタルの本、『Blod eld död』の独占インタビューでオリーンの兄弟は、オリーンは学校でいじめにあっており、そしてある日殴打が原因で脾臓破裂に至ったと語っている[3]。病院に担ぎ込まれ、一時、臨床死の状態となった[4][5]。この臨死体験の後、オリーンはや死ぬことに魅了されていった。

1986年に、ブラック/スラッシュ/デスメタルバンドモービッド (Morbid)を結成。このバンド活動からデッド (Dead)というステージネームを使い始めた。モービッドには、後にエントゥームドで活動する、ウフェ・セイダールンド (ギター、当時Napolean Pukesと名乗っていた)とL-G・ペトロフ (ドラムス、当時Druttenと名乗っていた)が参加していた。モービッドでは『December Moon』というデモテープに参加したが、短期間でバンドをやめることを決め、隣国ノルウェーのブラックメタルバンド、メイヘム (Mayhem)のメンバーと連絡を取った。メイヘムの当時のベーシストネクロブッチャーによるとデッドは最初、デモテープと手紙にされた小包に入れて送ってきたという[4][5]。ネクロブッチャーはその小包を無くしたが、連絡先は持っていたため連絡を取ることが出来た。デッドはノルウェーに移住し、1988年初めにメイヘムに加入した[4]

人物[編集]

インタビューで、同僚だったミュージシャン達はしばしば、デッドのことを風変りで内向的な奴だったと語っている。メイヘムのドラマーであるヘルハマーは、デッドを「とても奇妙な性格...抑鬱的、憂鬱、そして暗い」と述べている[6]。また、メイヘムのギタリストユーロニモスは一度デッドについて、「俺は正直、デッドは精神的に狂っていると思う。お前は、飢えによる苦痛を得るために絶食をする奴のことを、他にどうやって表現できる? また、葬儀の予告が書かれているTシャツを着るような奴のことを」と述べている[7]。メイヘム初期のドラマーのマンハイムは、後にデッドの性格をダグラス・アダムズSF小説、「銀河ヒッチハイク・ガイド」シリーズに登場するパラノイアぎみの根暗ロボット、マーヴィンになぞらえた[4]

エンペラーの元ドラマー、ファウストは次のように述べている。

「彼[デッド]は、よくわからない奴だった。メイヘムの他のメンバーの奴らですら理解していないのではないかと思う。近寄りがたいやつだったね。彼が死ぬ2週間前にも俺は会ったよ。おそらく、合わせて6回から8回程度会っていると思う。変なことをたくさん考えているやつだった。オーシェト[ユーロニモス]が彼について話してて、ユーモアのかけらもないやつだって言っていたことを俺は覚えているよ。ユーモアはあったんだけど、とてもわかりづらかったんだよね。正直、彼はこの世の生を楽しんじゃいなかったと思う。ま、だから自殺したわけだけどさ。」[8]

メイヘムのライヴアルバム『Live in Leipzig』のディスクジャケットでは、デッドの次の言葉が印刷されている。"Jag är inte en människa. Det här är bara en dröm, och snart vaknar jag. Det var för kallt och blodet levrades hela tiden" (俺は人間じゃない。これはただの夢、だからじきに目が覚める。とても寒くて、血液はいつも凝固しているんだ。)。記事の中で、ジャーナリストクリス・キャンピオンは、デッドはおそらくコタール症候群に罹っていたのではないかと書いている[9]。この症候群に罹っていたということは、彼が少年期のトラウマの結果、自分が死んだと信じていたことを意味している。

パフォーマンス[編集]

ライヴでは、自分の望んだイメージや雰囲気を作るために手段を選ばなかった。キャリアの初めから、彼は顔を白と黒に塗ってしまうコープスペイントを行うことで知られていた。ネクロブッチャーは、「キッスアリス・クーパーがやっていた化粧とは関係ない。デッドは、実際に死者に見えるようにしたかったんだ。カッコよく見せたいと思ってやったわけじゃなかった。」と述べている[9]。ヘルハマーはデッドを「コープスペイントを使った初めてのブラックメタルミュージシャンだった」と語っている[10]

死者に完璧に扮するために、デッドはステージ衣装を土に埋めて、夜のコンサートで着るために掘り返そうとしていた[4][5]。ヘルハマーは次のように述べている。

「ショーの前、デッドはステージ衣装が腐敗し始め、""の香りがうつるように、土に埋めていた。彼はステージにあがると"死体"になった。そればかりか、彼は一度、俺たちに自分を土に埋めるように頼んだことがある - 肌を青白くしたがっていたのさ。」[10]

メイヘムのツアー中、彼はの死骸を見つけ、それをポリ袋に採集した。彼はしばしばそれを彼と共に運び、ステージに行く前には、"彼の鼻孔に死臭を伴って"歌うためにその鳥の臭いを嗅ごうとした[9]。彼はまた鳥の死骸をベッドの下に保管していた[4][5]

スレイヤーマガジンのインタビューで、デッドはどのようにして彼とバンドがライヴでポーザーを排除しようとしたのか説明した。

「俺たちがそこで演奏する前、そこには300人ほどの群集がいたが、2曲目の"Necrolust"の中で俺たちはそいつらの周りにを投げるようにしたんだ。たった50人が残った、俺はそれが良いんだ!...俺たちは、コンサートで、そこにあるべきでないような恐怖を欲したんだ。...もし誰かが顔面に投げつけられたや腐敗した肉が嫌いなら、そんな奴らは失せろ」[11]

自傷と自殺[編集]

やがて、デッドの社会での情勢と彼の死への魅了[4]は、彼の精神状態を大幅に悪化させていった。彼は、ステージ上でしばしば、ナイフや割れた自傷行為を行おうとするまでになった。しかし、友人といても自傷行為を行おうとするので、彼らは彼を抑止し、彼を鎮めようとしなければならなかった[4]。それは、彼の友人の多くを心配させたが、ユーロニモスはデッドの自殺傾向に魅了された‐うわべは それがメイヘムのイメージに合うため ‐。そして、彼らによると、ユーロニモスはしばしばデッドに自殺を勧めていたという[4][9]。マンハイムは、「オーシェト[ユーロニモス]が純粋なからそうしたのか、それともただ弄んでいたのか、俺には分からない」と語っている[4]

1991年には、デッドとユーロニモスは、ノルウェーのクロクスタ近郊の森の中の一軒家に住んでおり、そこはバンドのリハーサルにも使われる場所だった[5]。メイヘムのベーシスト、ネクロブッチャーは彼らと少しの間住んだ後に語ったところによると、デッドとユーロニモスは"互いの神経にとても障っていた"という[5]。1991年初頭、バーズムヴァルグ・ヴィーケネスが、デッドの所持するショットガン弾丸数発をデッドに送った[12]。1991年4月8日、デッドが家に一人で残っていた間に[4]、彼はナイフで手首を切り裂き、それから頭をショットガンで撃ち抜き、自殺を遂げた[12]。彼は短い遺書を残しており、それには室内でを使うことへの謝罪が書かれており、"Excuse all the blood"と〆られていた[5][13]

遺体はユーロニモスによって発見された。ドアが掛かっており、家の鍵が無かったため、彼は開いている窓に登って家に入った[4][12]。彼はデッドの遺体を見つけるとすぐにカメラを持ち、遺体の写真を撮った[4][12]。それらは、後述するように後に商品に用いられることとなる。伝えられるところでは、彼はデッドの割れた頭蓋骨の欠片を採取したという[4]。彼がこのような行動をとった動機は不明であるが、ネクロブッチャーは、写真を撮ることや他人にそれらを見せようとすることは、友人の死を見てしまったことの衝撃への対処ではないかと推測している[4][9]。ヘルハマーが写真を現像した後、ユーロニモスは最初にその写真を破棄することを約束したが、それは結局行われなかった。ユーロニモスは、彼のレコードショップ、ヘルヴェテで封筒に入れて、それらを保管していた[4]。伝えられるところによれば、ユーロニモスは、写真のうち1枚をコロンビアのウォーマスター・レコードのオーナーに送っていた[4]。そして、それは、1995年にリリースされた、メイヘムのブートレグライヴアルバム、『Dawn of the Black Hearts』のディスクジャケットに用いられた。そのジャケットは、Gigwise.comの"The 50 Most Controversial Album Covers Of All Time"で1位にランクされている[14]

この自殺は、ユーロニモスと彼の友人たちの間の亀裂の原因となった。彼らは、自殺前のデッドに向かってのユーロニモスの態度にうんざりしていた。特に、デッドと親しかったネクロブッチャーは、デッドの自殺を機にユーロニモスとの友人関係を断絶し、メイヘムを脱退している[4][15]。マンハイムは後に、ユーロニモスはデッドに自殺するチャンスを与えるために、故意にデッド一人を家に残すようにしたのではないかと推測している[4]。デッドの自殺は、ブラックメタルシーンの"思想の変化"を引き起こすといわれ、メイヘムのメンバーによって行われる悪名高い行為の序章であった[4][9]

スウェーデンの新聞での死亡記事によると、デッドの葬儀はスウェーデンのÖsterhaninge kyrka (Eastern Haninge Church)で1991年4月26日金曜日、朝10時から開かれた[16]。そして、ストックホルムのÖsterhaninge kyrkogård (Eastern Haninge graveyard)に埋葬された。

その他[編集]

ディスコグラフィ[編集]

タイトル バンド レコーディング日時 形式 備考
Morbid Rehearsal モービッド 1987年8月7日 デモテープ
Live in Stockholm モービッド 1987年10月23日/1988年2月26日 ライヴ・レコーディング 2000年にリリース
December Moon モービッド 1987年12月25日 デモテープ
Dawn of the Black Hearts メイヘム 1990年2月28日 ライヴ・ブートレグ 1995年リリース
Freezing Moon/Carnage メイヘム 1990年4月 デモテープ 1996年にシングル『Freezing Moon』として再発
Live in Leipzig メイヘム 1990年11月26日 ライヴ・レコーディング 1993年リリース
Out from the Dark メイヘム 1991年初頭 デモアルバム(リハーサル) 1996年リリース

脚注[編集]

  1. ^ http://www.roadrunnerrecords.com/news/THE-50-GREATEST-METAL-FRONTMEN-OF-ALL-TIME-19861.aspx
  2. ^ http://www.peryngveohlin.com/biographie3.htm
  3. ^ Blod eld död.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Martin Ledang (director), Pål Aasdal (director) (2007年). Once Upon a Time in Norway (motion picture). Another World Entertainment. 
  5. ^ a b c d e f g Stefan Rydehed (director) (2008年). Pure Fucking Mayhem (motion picture). Index Verlag. 
  6. ^ Lords of Chaos (1998): Hellhammer interview
  7. ^ Morbid magazine #8: Euronymous interview
  8. ^ Moynihan, Michael; Didrik Søderlind (1998). Lords of Chaos: The Bloody Rise of the Satanic Metal Underground. Feral House. p. 54. 
  9. ^ a b c d e f Campion, Chris (2005年2月20日). “In the Face of Death”. The Observer (Guardian Unlimited). http://arts.guardian.co.uk/features/story/0,11710,1419364,00.html 2007年10月6日閲覧。 
  10. ^ a b Hellhammer interviewed by Dmitry Basik (June 1998)
  11. ^ Interview with 'Dead' from Mayhem. Slayer magazine #10
  12. ^ a b c d Aaron Aites (director, producer), Audrey Ewell (director, producer) (2009年). Until the Light Takes Us (motion picture). Variance Films. 
  13. ^ Freyja (2010年3月19日). “The "True" History of Black Metal – 2 of 4”. Raginpit Magazine. 2011年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月3日閲覧。
  14. ^ http://www.gigwise.com/photos/41675/52/The-50-Most-Controversial-Album-Covers-Of-All-Time
  15. ^ 宮坂聖一 (2000年). "グランド・デクラレイション・オヴ・ウォー" [CDライナー]. メイヘム 『Grand Declaration Of War』のアルバム・ノーツ 日本東京都新宿区下落合: ベル・アンティーク (MAR 00578).
  16. ^ Dead's gallery
  17. ^ http://www.metal-archives.com/artists/Dead/41
  18. ^ http://www.metal-archives.com/albums/Immortal/Immortal/119061

外部リンク[編集]