テキサス (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス
Texas Across the River
監督 マイケル・ゴードン
脚本 ウェルズ・ルート
ハロルド・グリーン
ベン・スター
製作 ハリー・ケラー
出演者 ディーン・マーティン
アラン・ドロン
音楽 デ・ヴォール
撮影 ラッセル・メティ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1966年
日本の旗 1966年12月
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

テキサス』(原題:Texas Across the River)は、1966年制作のアメリカ合衆国西部劇コメディ映画。フランス人俳優であるアラン・ドロンが西部劇に初出演した作品。

ストーリー[編集]

スペインの貴族ドン・アンドレアは、アメリカ人のフィービーと結婚するためにアメリカへとやってきた。しかし結婚式当日、二人の結婚を良く思わない騎兵隊が、式を中止させようと教会になだれ込んできてしまう。その際、もみ合いの末に騎兵隊の一人を事故死させてしまったアンドレアは、騎兵隊の嘘の証言のせいで殺人犯に仕立てあげられてしまう。そこで彼はアメリカに統合される前のテキサスへと逃亡するのだった。

逃亡の道中で開拓民のサム・ホリスと出会ったアンドレアは、射撃の腕前を買われて彼の用心棒になる。そして彼はサムと彼の相棒であるインディアンのクロンクの三人でコマンチ地区を目指すことになる。その後、成り行きから三人はコマンチ族の娘であるロネッタを助ける。しかし、それを開拓民による誘拐だと勘違いしたコマンチ族は、開拓村に向けて兵を出撃させてしまう。一方アンドレアは次第にロネッタに惹かれていくのであった。だが、そこへフィービーが彼を追ってやって来てしまう。すると今度はサムがフィービーに惚れてしまうのだった。

はたして彼らはコマンチ族の攻撃を防ぐことができるのか?そしてそれぞれの恋の行方は?

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替1 日本語吹替2
サム・ホリス ディーン・マーティン 久松保夫 羽佐間道夫
ドン・アンドレア・バルダザール アラン・ドロン 広川太一郎 野沢那智
フィービー・アン・ネーラー ローズマリー・フォーサイス 武藤礼子 平井道子
クロンク ジョーイ・ビショップ 近水圭二 穂積隆信
ロネッタ ティナ・マルカン 杉山佳寿子 岡本茉利
ロドニー・スティンプソン隊長 ピーター・グレイブス
コマンチ族の医師 リチャード・ファーンズワース
2010年に発売されたDVD特別版には日本語吹替2(羽佐間&野沢版)が収録されている。

スタッフ[編集]

  • 監督:マイケル・ゴードン
  • 製作:ハリー・ケラー
  • 脚本:ウェルズ・ルート、ハロルド・グリーン、ベン・スター
  • 撮影:ラッセル・メティ
  • 音楽:デ・ヴォール

外部リンク[編集]