ティオンヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Thionville
Blason ville fr Thionville (Moselle).svg
Thionville.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ロレーヌ地域圏Flag of Lorraine.svg
(département) モゼル県
(arrondissement) ティオンヴィル東西2郡
(郡庁所在地)
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 57672
郵便番号 57100
市長任期 ベルトラン・メルツ
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) Communauté d'agglomération Sarreguemines Confluences
人口動態
人口 40 907人
1999年
人口密度 834,34人/km²
地理
座標 北緯49度21分32秒 東経6度10分09秒 / 北緯49.358889度 東経6.169167度 / 49.358889; 6.169167座標: 北緯49度21分32秒 東経6度10分09秒 / 北緯49.358889度 東経6.169167度 / 49.358889; 6.169167
標高 平均:? m
最低:147 m
最高:423 m
面積 49,86km² (4 986ha)
Thionvilleの位置(フランス内)
Thionville
Thionville
テンプレートを表示

ティオンヴィルフランス語:Thionvilleドイツ語: Diedenhofenルクセンブルク語: Diedennuewenオランダ語: Diedenhoven)は、フランスロレーヌ地域圏モゼル県のコミューン。モーゼル川の近くにある。

統計[編集]

ティオンヴィルの人口は産業革命期に増加したが、1970年代の経済停滞で人口が減少した。1990年代に、郊外西部の人口密集地アイアンジュ周囲で減少したものの、郊外東部のエッタンジュ=グランドで増加に転じた。人口密集地は今も人口流出が続くが減少は停滞に向かっている。

ティオンヴィルはルクセンブルクに近接しているため(国境までわずか15km)、町の人口と生活水準はどちらも1990年代終わりから上昇した。

歴史[編集]

中世初期、ティオンヴィル周辺にはゲルマン系のアラマンニ人が定住した。ティオンヴィルの教会会議は835年2月2日に開催された。会議はフランク王ルイ1世を復位させ、彼のかつての有罪とされた判決を翻した。彼が実際に罪を犯したとは誰も糾弾せず、ランス大司教エッボを罷免した。教会会議は43人の司教で構成されていた。835年2月28日、マインツで、エッボはルイが告発されていた、そのために神聖ローマ皇帝の地位を追われた原因となった罪を犯していなかったと承認した。

ルンド大司教エスキルは、ローマへの巡礼を行った1153年、帰国の途上にティオンヴィルで幽閉された。

ブルゴーニュ公国に属していたティオンヴィルは、公女マリー・ド・ブルゴーニュの結婚によってオーストリアのハプスブルク家領となった。

1639年6月のティオンヴィル包囲戦は、三十年戦争の一部として起きた。1659年のピレネー条約によって、ティオンヴィルはフランスへ割譲された。

作家フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンは王党派に加わり、1792年にティオンヴィルに対してコンデ公が率いた軍事遠征の最中、重傷を負って後に亡命した。

1870年から1918年、ティオンヴィルはドイツ帝国の一部となり、ディーデンホーフェンと呼ばれていた。

産業[編集]

  • 鉄鋼
  • 化学工業
  • セメント工業

行政[編集]

ティオンヴィルは東西2つのカントン(小郡)に分かれている。ティオンヴィル・エスト小郡は人口19,063人、ティオンヴィル・ウエスト小郡は人口21,844人である。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]