ツノニガウリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツノニガウリ
Cucumis-metuliferus-halves.jpg
ツノニガウリ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: スミレ目 Violales
: ウリ科 Cucurbitaceae
: キュウリ属 Cucumis
: ツノニガウリ C. metulifer
学名
Cucumis metulifer E. Mey. ex Naudin
和名
ツノニガウリ
英名
horned melon
ツノニガウリ、生
100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 183 kJ (44 kcal)
炭水化物 7.56 g
脂肪 1.26 g
タンパク質 1.78 g
水分 88.97 g
ビタミンA相当量 7 μg (1%)
- βカロテン 88 μg (1%)
ビタミンB1 0.025 mg (2%)
ビタミンB2 0.015 mg (1%)
ビタミンB3 0.565 mg (4%)
パントテン酸(ビタミンB5 0.183 mg (4%)
ビタミンB6 0.063 mg (5%)
葉酸(ビタミンB9 3 μg (1%)
ビタミンC 5.3 mg (6%)
カルシウム 13 mg (1%)
鉄分 1.13 mg (9%)
マグネシウム 40 mg (11%)
マンガン 0.039 mg (2%)
リン 37 mg (5%)
カリウム 123 mg (3%)
塩分 2 mg (0%)
亜鉛 0.48 mg (5%)
 %はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDIの割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)

ツノニガウリ(角苦瓜、Cucumis metulifer E. Mey. ex Naudin、シノニムCucumis metuliferus E. Mey.)は、ウリ科キュウリ属つる植物。また、その果実のこと。ツノのあるウリ形の果実を食用とする。ツノメロンまたはキワノとも呼ばれる。ニガウリと呼ばれることのあるツルレイシ属ツルレイシとは別属に分類される。

アフリカ原産で、アメリカ合衆国カリフォルニア州ニュージーランドで栽培されている。果実はおよそ直径 5-7cm、縦 10cm の楕円球体で、表面全体に突起がある。果皮は未熟な果実では緑色で、成熟すると薄い黄色から濃い橙色になる。果肉は半透明でうすい緑色のゼリー状で、甘みはなく、かすかに酸味がある。食用のほか、特徴的な外見から観賞用にも用いられる。

外部リンク[編集]