ダリヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社 ダリヤ
DARIYA CORPORATION
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:460-0002
名古屋市中区丸の内3-5-24
設立 1950年昭和25年)11月15日
業種 化学
事業内容 化粧品医薬部外品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 野々川大介
資本金 5,400万円
従業員数 270名
主要子会社 (株)アンナドンナ 100%
外部リンク http://www.dariyacosme.com/
テンプレートを表示

株式会社 ダリヤ: DARIYA CORPORATION)は、愛知県名古屋市中区に本社を置く、主にヘアカラーなどを製造、販売するトイレタリーメーカーである。社名は創業時にヒットした製品「ミスダリヤポマード」に因むものである。

概要[編集]

創業者で現社長、さらにはメナード化粧品の創業者としても知られる野々川大介が、1941年昭和16年)にダリヤ商事を発足させ、一般化粧品の製造販売を開始する。

創業当時より藤山一郎折原啓子らといった俳優・タレントを「ミスダリヤポマード」「ポードリアン」といった自社製品のCMキャラクターに起用したことで、徐々に知名度を上昇させてゆく。また当時の化粧品業界の宣伝パターンの多くは、ピアスのように、メーキャップなどでの映画への協賛、さらには映画俳優をCMに起用するといったモノが多く、同社もそれに倣って、有名俳優・タレントを多数起用していったことで、これが現在に至るまで同社の特徴にもなっている。

主な商品に家庭用パーマ用品「ベネゼル」、ヘアカラーの「サロンドプロ」や「パルティ」などがある。1960年代1970年代化粧品シャンプーが主力であったが、1980年代後半から現在に至るまで、ヘアカラーが主力となっている。

また1970年代には、「アコちゃんおしゃれセット」や「マリーちゃん」といった、現代では定着化傾向にある子供向け化粧品を販売したりもしており、他にも神経衰弱を取り入れた絵合わせゲーム「パネッコ」やお風呂セット「ジャブン」や、透明空気ボール入りマスコット「ダリちゃん」などの子供向け製品を販売していたことがある。

沿革[編集]

  • 1941年 - 創業者・野々川大介が経営していた野々川商会含む3社がダリヤ商事株式会社を設立、訪問販売化粧品業界に進出する。
  • 1950年 - ミスダリヤポマード発売。ヒット商品第一号となる。
  • 1955年 - 社名をヒット商品に因んで「ミスダリヤ」に変更。
  • 1958年 - ダリヤ工業株式会社に社名変更。
  • 1959年 - 日本メナード化粧品設立、訪問販売化粧品事業部門を分離。
  • 1964年 - 鉄腕アトムシャンプー発売。子供に大ヒットする。
  • 1965年 - 株式会社ミスダリヤに社名変更。
  • 1968年 - コント55号を起用し、フケ取りシャンプー「フケミン」発売。この年の1月に現社名に変更。
  • 1970年 - 「レモンシャンプー」発売。70年代のヒット商品になる。
  • 1987年 - 1978年から売り出したホームパーマ向け商品「ベネゼル」大ヒット。以後、同社の主力商品になる。
  • 1992年 - ヘアマニキュア「サロンドプロ」発売。2年後にヒットする。
  • 1998年 - 若者向けヘアブリーチ「パルティ」発売。
  • 2000年 - 「パルティ」のデザインを一新、大々的に宣伝し、同社の看板商品の一つに成長する。
  • 2005年 - 20代向けヘアカラー「サロンドフューティ」発売

主な商品[編集]

  • ベネゼル(ホームパーマ)
  • サロンドプロ(白髪用ヘアカラー)
  • パルティ(若年層向けヘアカラー)
  • メンズパルティ(男性用若年層向けヘアカラー)
  • ハイトリートメント(弱酸性トイレタリー用品)
  • 豆乳シリーズ(豆乳を主成分とした基礎化粧品)
  • リバティ(男性化粧品)
  • フケミン(フケ予防剤)

など

CM[編集]

出演者[編集]

現在[編集]

サロンドプロ
パルティ

過去[編集]

ベネゼル
パルティ

テレビスポンサード番組[編集]

過去[編集]

  • 80年代以降はドラマ番組・バラエティー番組の複数社スポンサーがほとんどだった。現在はスポットCM中心。

関連会社[編集]

  • 日本メナード化粧品株式会社
  • 野々川物産株式会社
  • 野々川工芸株式会社
  • 株式会社サンフイルド
  • 株式会社サンメナード
  • 株式会社メナードジョアレット

外部リンク[編集]