ダコサウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダコサウルス Dakosaurus
Dakosaurus andiniensis の生態復元
Dakosaurus andiniensis の生態復元
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: ワニ目 Crocodilia
亜目 : 中鰐亜目 Mesosuchia
: メトリオリンクス科 Metriorhynchidae
: ダコサウルス属 Dakosaurus
学名
Dakosaurus
Quenstedt, 1852
  • D. maximus模式種
  • D. andiniensis
  • D. lapparenti

ダコサウルス (Dakosaurus) は中生代ジュラ紀後期から白亜紀初期にかけて生息したワニ絶滅した爬虫綱 - ワニ目 - 中鰐亜目に属する。メトリオリンクスゲオサウルスなどに近縁な海ワニの仲間。学名は「猛烈に引き裂く爬虫類」を意味する。

特徴[編集]

全長約4メートル。流線型の胴体と鰭状の四肢、尾骨が下方に曲がって形成された尾鰭を持つ。頭部はメトリオリンクスなど主に魚食性のものとは異なり部が短くがっちりしており、も鋸状であるなど肉食恐竜を思わせるものであった[1]。そのためこのワニは、他の海生爬虫類を捕食していたと見られている。

発見[編集]

当初は身体の一部しか発見されておらず、その形態などはあまり分かっていなかった。しかし1996に発見された D. andiniensis 種によりその姿が明らかになった。この D. andiniensis は、学名が特定されるまでは発見者により「ゴジラ」というニックネームで呼ばれていた。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『知られざる日本の恐竜文化』 74頁
  2. ^ ナショナル ジオグラフィック

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]