メトリオリンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メトリオリンクス
メトリオリンクス
メトリオリンクス想像図
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: ワニ目 Crocodilia
亜目 : 中鰐亜目 Mesosuchia
: メトリオリンクス科 Metriorhynchidae
: メトリオリンクス属 Metriorhynchus
学名
Metriorhynchus
Meyer
  • M. geoffroyii模式種
  • M. hastifer
  • M. acutus
  • M. palpebrosus
  • M. superciliosus
  • M. brachyrhynchus
  • M. durobrivensis
  • M. leedsi
  • M. casamiquelai
  • M. westermanni
  • M. potens

メトリオリンクス (Metriorhynchus) は中生代ジュラ紀中期~後期の1億5,700万 - 1億5,400万年前に生息していたワニ絶滅した爬虫綱 - ワニ目 - 中鰐亜目に属する。化石イギリス及びフランスチリアルゼンチンのジュラ紀の地層から発見されている。学名は「程よい寸法の(あるいは中ぐらいの)鼻面」を意味する。

形態[編集]

体長約3メートル。胴体は長く流線型で、先端に鼻孔を持つも伸長している。には鋭い円錐形のがある。また長い筋肉を持っている事から、顎を大きく開く事が出来たと推定されている。四肢は鰭状に変化しているが、後肢の方が大きくなっている。陸上では、這う様にして移動していたのであろう[1]。尾椎骨は魚竜の様に下方へ折れ、その内先端の数個は棘突起が伸びて「尾鰭」を形成していた。体を取り巻く装甲は退化して体表は滑らかになり、水の抵抗を減らしている。

生態[編集]

近縁のゲオサウルス程ではないが、現在知られているワニの中でも完全に水中生活に適応した数少ない種のひとつであり、おそらくは産卵時を除いて一生の大半を水中で過ごしたであろう。化石に残された胃内容物の痕跡から、アンモナイトや大型魚類など様々な水棲生物を捕食していた。化石に残る歯形から、史上最大の魚類、リードシクティスまで襲撃したとされる[2]。また、翼竜をも餌食としたらしい。しかし、身体に装甲を持たない事から、より大型の捕食者に狙われた可能性がある。[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『よみがえる恐竜・古生物』 81頁
  2. ^ 『よみがえる恐竜・古生物』 80頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • ヘーゼル・リチャードソン 『恐竜博物図鑑』 ディビット・ノーマン編、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年、96 - 97頁。ISBN = ISBN 4-7875-8534-7
  • ティム・ヘインズ・ポール・チェンバーズ 『よみがえる恐竜・古生物』 群馬県立自然史博物館、椿正晴訳、ソフトバンククリエイティブ、2006年、80 - 81頁。ISBN 4-7973-3547-5