タレス・アレーニア・スペース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タレス・アレーニア・スペース
Thales Alenia Space
種類 非公開
本社所在地 フランス カンヌ
設立 2007年4月10日
業種 輸送用機器(航空宇宙)
代表者 リュック・ビヌロン (Luc Vigneron)取締役会長兼CEO (PDG)
従業員数 7,200人(2006年11月)
外部リンク http://www.thalesonline.com/space/index.html
特記事項:親会社:タレス・グループフィンメッカニカ
テンプレートを表示

タレス・アレーニア・スペース: Thales Alenia Space、ターレ・アルニア・スパース)は、タレス・グループアルカテル・アレーニア・スペース: Alcatel Alenia Space)と テレスパーツィオ: Telespazio)のアルカテルの出資分を買い取り、残りの出資者であるフィンメッカニカとの合弁で誕生した企業である[1]

歴史[編集]

アルカテル・アレーニア・スペースは、2005年6月1日アルカテル・スペースアレーニア・スパーツィオ の合併で誕生した企業であった。出資比率はアルカテル・ルーセントが67%、フィンメッカニカが33%を所有していた。合併によってヨーロッパ最大の人工衛星開発企業となった。多目的補給モジュールコロンバスなど、国際宇宙ステーションの科学モジュールの構築も行っていた。

これと同時に、アルカテルの Space Services and Operations という子会社とフィンメッカニカの Telespazio という子会社が合併して Telespazio Holding が誕生した。

2006年4月5日、アルカテルはこれらの出資分をタレス・グループに売却することで合意に達した[2]

欧州連合2007年4月10日、この売買を承認した。これにより、タレス・グループとフィンメカニカが出資するタレス・アレーニア・スペースが誕生した。

所在地[編集]

2007年現在、7200名の従業員が五カ国(フランス、イタリア、スペイン、ベルギー、アメリカ)にある以下の13の拠点で働いている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]