ソポト (ブルガリア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯42度39分 東経24度45分 / 北緯42.650度 東経24.750度 / 42.650; 24.750

ソポト
Сопот
ソポトの位置(ブルガリア内)
ソポト
ソポト
ブルガリア内のソポトの位置
ブルガリアの旗 ブルガリア
州(オブラスト) プロヴディフ州
基礎自治体 ソポト
自治体全域の人口 11056[1]
(2009年06月15日現在)
町の人口 9919[2]
(2009年06月15日現在)
ナンバープレート PB
標高 417 m
標準時 EETUTC+2
夏時間EESTUTC+3

ソポトブルガリア語:Сопот / Sopot)は、ブルガリア中部の町、およびそれを中心とした基礎自治体であり、プロヴディフ州に属する。バルカン山脈の南の斜面のふもとにあり、山脈の南に広がるバラの谷下バルカン渓谷)と称される渓谷の中にある。

カルロヴォから西に5キロメートル、ブルガリアの首都ソフィアからは東に136キロメートル、プロヴディフ州の州都プロヴディフからは北に63キロメートル、トロヤンからは南に61キロメートルのところにある。ブルガリアの国民的詩人イヴァン・ヴァゾフИван Вазов / Ivan Vazov)生誕の地であり、また機械製造の拠点ともなっている。

町の博物館として使用されている古い建物

コンスタンティン・イレチェクKonstantin Jireček)によると、この地名はスラヴ祖語に由来しており、スラヴ語圏には同じ地名が数多く存在している。この町に関する情報はオスマン帝国時代の文献にも見られる。18世紀から19世紀にかけての民族復興期Bulgarian National Revival)には、工芸と交易の拠点として栄え、「黄金のソポト」と呼ばれた。ソポトの民は質の高い手織物、組みひも、毛皮、皮革製品を作り出し、その品物はオスマン帝国各地で売買された。

1877年の独立戦争の時には、町の人々は虐殺されたり追放されたりした。共産党支配時代の1950年から1965年までの間、ヴァゾヴグラト(Вазовград / Vazovgrad)と呼ばれたが、その後もとの名前に戻された。

ブルガリアの教育者のさきがけとなったネデリャ・ペトコヴァ(1826年 - 1894年、Неделя Петкова / Nedelya Petkova)は、この地の聖生神女進堂女子修道院の学校で学んだ。

住民のほぼ全てはキリスト教徒であり、そのほとんどが正教徒であるが、福音派カトリックの家族も住んでいる。

町村[編集]

ソポト基礎自治体(Община Сопот)にはその中心であるソポトをはじめとする、以下の町村(集落)が存在している。

命名[編集]

南極大陸サウス・シェトランド諸島リヴィングストン島Livingston Island)にあるソポト山麓氷河Sopot Ice Piedmont)はこの町にちなんで命名された。

脚注[編集]

  1. ^Главна Дирекция - Гражданска Регистрация и Административно Обслужване (2009年6月15日). “Таблица на населението по постоянен и настоящ адрес” (ブルガリア語). 2009年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]