バラの谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルガリアカザンラク近くのバラの谷でバラを摘む農民の様子。1870年フェリックス・フィリッピ・カーニッツF. Kanitz)によって描かれた。

バラの谷(バラのたに、ブルガリア語:Розова долина / Rozova dolina[1])は、ブルガリア中部の地域で、中央バルカン山脈のすぐ南にあり、同山脈とスレドナ・ゴラ山脈にはさまれた一帯を表す。ストリャマ川Стряма / Stryama)とトゥンジャ川Тунджа / Tundzha)の2つの川の渓谷がある。

渓谷は、バラの生産地として良く知られており、バラはこの地で数世紀にわたって栽培され続けてきた。ブルガリアはトルコと共に、香水に使われるローズオイルの世界最大規模の生産地の一つである[2][3]。バラから抽出されたオイルは香水用として世界的に使われている。ローズオイル生産の最大の拠点となっているのは、バラの谷の中央に位置するスタラ・ザゴラ州の町カザンラク(カザンルク)であり、このほかにもカルロヴォソポトカロフェルKalofer)などの町が生産拠点となっている。毎年、カザンラクではバラとローズオイルを祝うバラ祭りが開かれる。

バラ摘みは毎年5月から6月にかけて行われる。この間、一帯はバラの良い香りに包まれ、多様な色のバラに覆われる。バラを集める作業は器用さと忍耐が必要で、かつては女性の仕事であった。バラの花は一つ一つ摘み取られ、ヤナギのかごに入れて蒸留所に運ばれる。

下バルカン渓谷の地図

名前[編集]

南極大陸サウス・シェトランド諸島リヴィングストン島にあるローズ・ヴァレー氷河Rose Valley Glacier)は、ブルガリアのバラの谷に因んで名づけられた。

脚注[編集]

  1. ^ バラ渓谷とも。
  2. ^ ブルガリアの「バラ渓谷」が復活” ((日本語)). ロイター (2008年). 2009年2月4日閲覧。
  3. ^ Bulgaria Expects Record Rose Oil Production” ((英語)). The Bulgarian Post (2007年5月16日). 2009年2月4日閲覧。

座標: 北緯42度37分 東経25度24分 / 北緯42.617度 東経25.400度 / 42.617; 25.400