セランディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Selandia (ship, 1912).JPG
セランディアの模型
船歴
起工 1910年[1]
進水 1911年11月4日[1]
竣工 1912年2月17日[1]
その後 1942年1月25日に座礁全損
主要目
総トン数 4,964 トン[2]
載貨重量トン数 7,400 トン[2]
全長 117.65 m[1]
垂線間長 112.9 m[2]
型幅 16.2 m[2]
型深 9.14 m[1]
吃水 7.42 m[1]
主機 バーマイスター・アンド・ウェイン ディーゼル機関2基2軸[2]
出力 (2基合計)2,500 馬力[2]
航海速力 11から12 ノット[2]
最高速力
船客定員 一等:26名[2]
乗員

セランディアMS Selandia)は、かつてデンマークイースト・エイジアティック・ライン英語版などが運航していた貨客船で、事実上世界最初の航洋型ディーゼル船であった。幾多の転籍および改名と世界情勢の成り行きの末に日本の傭船となって運航されたが、太平洋戦争初期に海難事故で失われた。

概要[編集]

船名の「セランディア」とは、シェラン島ラテン語読みしたものである。「セランディア」は、スカンジナビア半島からジェノヴァおよびバンコクに航路を開設していたイースト・エイジアティック・ラインが、航路の定期船としてコペンハーゲンバーマイスター・アンド・ウェイン英語版造船所(B&W)で起工し、1911年11月4日に進水して翌1912年2月に竣工した[3][4]

ディーゼル機関は、1900年代から小型船舶への試験的導入は始まっていたものの、5000tクラスの貨客船にディーゼル機関を用いる試みは1910年代初頭では極めて尖鋭的な試みであった。B&Wは当初、単機で2500HPクラスを発生する大型ディーゼル機関を開発し、これをセランディアに搭載する計画であったが、この開発はうまく行かず、建造の遅延に苛立ったイースト・エイジアティックがB&Wに「舶用ディーゼル機関が作れないなら通常の蒸気船として竣工させよ」と迫ったという逸話もある。

結局、予定の半分の1250HP級エンジン2基搭載で必要な出力を確保する次善策が採られ、「セランディア」は予定通りにディーゼル船として竣工した。エンジンスペックは4ストローク直列6気筒単動式、ボア/ストローク=530mm×730mmでクロスヘッドを介してクランクを駆動、定格出力912kW/145rpmで、当時のディーゼルエンジン技術の制約からまだ無気噴射ではなく圧縮空気式燃料噴射を用いるなど、全体に当時の技術水準に見合った堅実な設計であったが、船舶用らしく後進時に対応して逆回転可能な仕様とされた(逆回転運転を可能とする構造は、舶用ディーゼル機関の実用化における重要なファクターであった)。このエンジンは後年の舶用ディーゼル機関に比べれば出力対容積は大きかったものの十分な信頼性を示し、この船の30年間にわたる運航期間を通じて最後まで用いられ続けた。

グレードの高い重油燃料の供給が必要という制約条件はあったが、石炭焚きの在来型レシプロ蒸気船と比較すればセランディアの燃費は格段に優れており(同級蒸気機関比で25%~30%の経済性を示した)、以後、商船・軍艦を問わず舶用ディーゼル機関の広範な普及に先鞭をつけた。従前のほとんどの動力船が蒸気ボイラーを原動力とし、船名に「蒸気船」steamship を意味する略称の"SS"を冠していた20世紀初頭、ディーゼル機関(内燃機関)搭載によって「発動機船」motor ship を意味する略称"MS"を冠した大型船となったことでも象徴的な存在である。

「セランディア」は蒸気船のような煙突を持たない(大きな煙突が不要であった)当時としては特徴的な外観の船であり、後部マストを通じて排気していた。20名ないし26名のファーストクラスのための客室が用意され、トイレバスタブが備え付けられており、その設備の豪華さについては「主客室に付属している使用人向けのキャビンですら豪華であった」と称された[5]。実際、バンコクへの処女航海では、コペンハーゲンからヘルシンゲルまでの間とはいえ、クリスチャン皇太子を初めとするデンマーク王国の諸侯が乗船した[4]ロンドンに寄港した際には海軍関係者を初めとして造船業界、海運業界からの見学者が「セランディア」を見学し、当時海軍大臣英語版ウィンストン・チャーチルが、アントウェルペンまで海軍本部職員を便乗させるよう要求した[4]。舶用ディーゼル機関を搭載した最先端の大型船として如何に注目される存在であったかを物語る逸話である。

1931年には、香港を訪問するシャム国王ラーマ7世を乗せている[4]

大過なく定期航路に就航し続けた「セランディア」は、1932年にファーストクラス定員を40名に拡充してサンフランシスコと東アジアの航路に転じる[4]。次いで1936年にはノルウェーの船会社に売却されて「ノルスマン」と改名し、パナマ船籍となる[4][6]。さらに1940年10月にはフィンランド・アメリカ・ラインに転売されて「トルナトール」と改名し、フィンランドとアジア間の航路に就航した[7]。1941年3月、「トルナトール」は鋼材と紙を搭載し、パナマ運河経由で5月に横浜港に到着する[4]。「トルナトール」をもって日本とフィンランド間の定期航路を開設する計画もあったが[8]、横浜を出港する間際の6月26日に継続戦争が勃発して帰国不能となってしまった[4]。「トルナトール」は日本の手で運航されることとなり、8月16日付で帝国船舶に傭入され、引き続き従来の乗組員を乗せて山下汽船の委託船として運航を続けた[4][9][10]

1942年1月、「トルナトール」は石炭を積んで青島を出港して川崎に向かったが[4][9]、1月25日午前に御前崎東方で針路を誤って座礁した[9]。乗組員は全員無事に救助され、日本サルヴェージの技師が派遣されて離礁が試みられたが、おりからの時化により1月30日ごろには船体が折れて船首が海中に没し、結局船体は放棄となった[11]

イースト・エイジアティック・ラインは初代の「セランディア」を売却したあと、1938年に同名の二代目船を建造して1962年まで就航させ、1972年には三代目の「セランディア」を建造したが、三代目は1994年に除籍後アメリカ海軍に購入されて、車両輸送艦「ジリランド」 (USNS Gilliland, T-AKR-298) となった[6]。会社組織も幾多の変遷を経て、後継のEMS社によって四代目の「セランディア」が就航している。

メディア[編集]

竣工からちょうど100年経った2012年2月、デンマークの海事ジャーナリストであるアンダース・リスによって『セランディア -世界最初の航洋型ディーゼル船』がフォーラゲット・ノーチラス社(デンマーク)出版された。240ページにわたるこの本は、バーマイスター・アンド・ウェインによるディーゼルエンジンの開発に関する記述を中心に書かれ、英語版(ISBN 978-87-90924-79-9)とデンマーク語版(978-87-90924-75-1)がある。

また、エグゼクティブ・プロデューサーのアンダース・ディロフ、映像作家ミハイル・シュミット=オルセンによって「セランディア」を扱った『世界を変えた船』と題する60分間のドキュメンタリーがクロマ・フィルムで製作され、竣工100年の2012年2月17日に公開された。

異論[編集]

1996年に「セランディア」が「世界最初の航洋型ディーゼル船」を称することについての異論が出された。要約すれば、「オランダで建造された「ヴルカヌス」 (MS Vulcanus) は「セランディア」より2年早い1910年に竣工し、「ヴルカヌス」こそが「世界最初の航洋型ディーゼル船」である」というものであり、確かに種類さえ問わなければ「ヴルカヌス」が世界最初であろうが、「セランディア」が処女航海を行った時点で、「当時最大の」航洋型ディーゼル船だったことは確かである[3][4]。また、「セランディア」が「世界最初の航洋型ディーゼル船」の称号を得るにいたったゆえんは、公試成績がよかったことにも起因する[4]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『船の科学』1981年5月号 第34巻第5号 p.73
  2. ^ a b c d e f g h #山田 p.60
  3. ^ a b #Stapersma
  4. ^ a b c d e f g h i j k l #山田 p.61
  5. ^ Ships of the Century”. Marine Log. 2012年7月28日閲覧。
  6. ^ a b The Fleets: East Asiatic Company”. Ship List. 2012年7月28日閲覧。
  7. ^ #山田 pp.60-61
  8. ^ #芬蘭船 p.8
  9. ^ a b c #芬蘭船 p.63
  10. ^ #帝船関係外国傭船一覧表 p.2
  11. ^ #芬蘭船 p.63,66

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(外務省外交資料館)
    • Ref.B09030197800 『帝船関係外国傭船一覧表』。
    • Ref.B09030199100 『(本邦ノ外国船舶傭船ノ部)芬蘭船』。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030314500 『自昭和十七年一月一日至昭和十七年一月三十一日 横須賀鎮守府戦時日誌』。
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • 山田廸生「名船発掘・日本 138 トルナトール号(もとセランディア) 日本船として就航中に遭難した世界初の航洋ディーゼル船」『LA MAR 第212号』第37巻第1号、公益社団法人日本海事出版協会、2012年、 60-61頁。
  • Vulcanus versus Selandia (PDF)”. Scheepswerktuigkunde. Stapersma,Prof. D (1996年). 2012年7月28日閲覧。
  • 船舶技術協会『船の科学』1981年5月号 第34巻第5号

関連項目[編集]