セオドア・フォン・カルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セオドア・フォン・カルマン

セオドア・フォン・カルマンTheodore von Kármán1881年5月11日 - 1963年5月6日)はハンガリー航空工学者である。航空工学の基礎を築き、銭学森など多くの後進を育てたその業績から「航空工学の父」とも称される。ハンガリー語名はカールマーン・トードル (Kármán Tódor)。ジェット推進研究所 (JPL) 初代のディレクターで、のちに国際宇宙航行アカデミーの初代会長をつとめた。

概要[編集]

ブダペスト生まれのユダヤ人で、1902年ブダペスト大学を卒業。1906年ゲッティンゲン大学ルートヴィヒ・プラントルのもとに留学。

4年間ゲッティンゲン大学で教えた後、1912年アーヘン工科大学の新設の航空研究所の所長になり、1915年から1918年までオーストリア・ハンガリー軍のためにヘリコプターの研究で中断し、1918年にはハンガリー民主共和国クン・ベーラ政権下で教育副大臣を務めたが、政権崩壊後はドイツに戻った。

1928年頃、日本・神戸の航空機メーカー川西航空機に招聘され、川西試験風洞を設計[1]

1930年カリフォルニア工科大学に移り、グッゲンハイム航空研究所所長になった。1946年にロンドン王立協会のフェローに選出された[2]

空気力学の研究に大きな業績を残し、また航空機開発の分野においても活躍した。カルマン渦列に名前を残している。また彼は、アメリカ国家科学賞の最初の受賞者でもある。

国際宇宙航行アカデミーによってその名を記念した「フォン・カルマン賞」が設けられ、航空・宇宙工学の分野において大きな貢献をなした研究者や団体に贈られている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]