ストリーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ストリーマとは、磁気テープのうちアクセス時に連続的にテープを走行させる「ストリーミング」方式を採用した補助記憶装置のこと。テープストリーマとも。

記憶容量は数十~数百GBと大容量でかつ媒体は低価格(装置は非常に高価)であるため、バックアップ用としてよく利用される。また、ランダムアクセスが出来ないため目的のデータに辿り着くまでに時間がかかるものの、データが散らばるディスクとは異なり常に定位置にあるテープは以降の読み込みが非常に高速。

ストリーマの規格[編集]