Advanced Intelligent Tape

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Advanced Intelligent Tape(アドバンスドインテリジェントテープ、AIT)はソニーが開発した、磁気テープを使用した大容量補助記憶装置の規格。

概要[編集]

AITテープ

基本は2リール式、テープ幅8mm、ヘリカルスキャン方式テープドライブ。「Memory in Casette」(MIC)と呼ばれる64Kbit(2KB)のEEPROMをカートリッジに内蔵し、使用履歴やデータ位置を保存することでサーチの高速化とサーチによるテープの摩耗軽減を図っている。ただし、コスト面でデメリットとなるためMICを内蔵しないものも存在する。

ハードウェアレベルの圧縮技術Adaptive Lossless Data Compression(ALDC)の採用によって最大1/2.6まで圧縮し、200GBのAIT-4テープに520GBまで記録できる。

規格[編集]

AITの規格は多数ある。以下に全規格とその性能を示す。

規格 非圧縮時容量 非圧縮転送レート
AIT-1 25, 35GB 3, 4MB/s
AIT-1 Turbo 40GB 6MB/s
AIT-2 50GB 6MB/s
AIT-2 Turbo 80GB 12MB/s
AIT-3 100GB 12MB/s
AIT-3Ex 150GB 18MB/s
AIT-4 200GB 24MB/s
AIT-5 400GB 24MB/s
SAIT-1 500GB 30MB/s
SAIT-2 800GB 45MB/s

SAIT[編集]

SAITとはSuper AITのことで、1リール式に切り替えられている。AITは新旧の互換性が高い規格だが、SAITはAITとの互換性はない。この規格を採用した製品はSAN向けであることが多い。500GBのSAIT-1は圧縮時に最大1.3TBまで保存できる。