Digital Linear Tape

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

DLTDigital Linear Tape(デジタルリニアテープ)は、磁気テープを使用した大容量補助記憶装置の規格。 1984年DEC社が同社のMicro VAX II ワークステーション向けに開発したもので、データ記憶装置のデファクトスタンダードの一つ。

DLTテープカートリッジ

当初の型名はTK50と称した。

1994年クァンタム社 (en:Quantum_Corporation) がDEC社から買い取り、販売および開発を引き継ぎ、記憶容量の向上など改良を加えている。

クァンタムは2001年Super DLT (SDLT) 規格の製品を発売し、SDLT Tape Iメディアで最大220GB(22MB/秒)までの記録が可能となっている。

カートリッジ内部のリールはひとつであり装置側からテープを引き出し、装置側のリールに巻き取りながら読み書きを行う。記録ヘッドは上下に移動しながら複数のトラックに記録する。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]