シーケンシャルアクセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シーケンシャルアクセス(しーけんしゃるあくせす・: Sequential Access)とはデータへのアクセス方式のひとつであり、記憶媒体の先頭から順に検索しアクセスしていく。そのため、後ろに記録されたデータに辿り着くまで時間がかかる。これは順次アクセスとも言われる。

コンピュータではランダムアクセスが主流であり、シーケンシャルアクセスとなってい電子媒体は少ないが、オーディオ・ビジュアルでは広く使用されている。

シーケンシャルアクセスの電子媒体[編集]

読込み時・書込み時共にシーケンシャルアクセスとなる電子媒体
書込み時のみシーケンシャルアクセスとなる電子媒体(シーク(検索)時・読込み時はランダムアクセス)
  • CD
  • DVDDVD-RAM、DVD+RWでは書き込み時もランダムアクセス可能。)

ファイルへのシーケンシャルアクセス[編集]

大抵のオペレーティングシステムは、ハードディスクフロッピーディスクRAMディスクなどの記憶媒体にファイルシステムを提供し、データをファイルごとに格納できるようになっている。

このようなファイルシステム上に存在するファイルに対して、先頭から末尾に向かってデータを読み取りまたは書き込みする。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]

注釈・出典[編集]


項目分類[編集]