Quarter Inch Cartridge

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
QIC: 左 400MB、 右 120MB.

Quarter Inch Cartridge(1/4インチ・カートリッジ、QIC)は、1970年代から現代まで使われているコンピュータ用の磁気テープ規格である。

概要[編集]

初期のQICテープドライブは内部の2つのリールがベルトでドライブされるデータカートリッジ(DC)である。大きさは5.875x3.875インチで金属の土台をもつ。ベルトは一部露出しているプーリー(滑車)でドライブされ、リールの軸は外部に出ていない。テープにテンションを掛けることなく一定速度で送ることができる。3Mにより1972年に開発され、その後さまざまな形式の QIC DCが開発された。

QIC内部、上部の黒と左右下部の白プーリーのベルトでリールに回転を与える。外からの動力は黒プーリーに加えられる。
  • QIC-11:4トラック、容量20MB(DC300XLカートリッジ、長さ450ft)
  • QIC-24:9トラック、容量45MBまたは60MB(DC600Aカートリッジ、長さ600ft)
  • QIC-120:15トラック、容量125MB(DC600A)
  • QIC-150:18トラック、容量150MB (DC6150カートリッジ)
  • QIC-525:26トラック、容量525MB(DC6525カートリッジ、長さ1000ft)

他のQIC DCの規格としてはQIC-02やQIC-36というドライブ接続用のインターフェイス標準があったが後には QIC DCではSCSIが標準として使われるようになった。

その後より小さいミニカートリッジ(MC)が開発された。サイズは2.375x3.125インチの大きさで3.5インチベイに収まるサイズである。QIC-40およびQIC-40MCフォーマットはそれぞれ40MB、80MBを記録でき、フロッピーディスクと同じインターフェイスを目指した。

関連項目[編集]