Digital Tape Format

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Digital Tape FormatDTF、デジタルテープフォーマット)はコンピュータ補助記憶装置磁気テープの規格の一つ。 1997年ソニーによって、同社のデジタルビデオ規格Digital BETACAMを元に開発された。 ヘリカルスキャン記録方式で、テープ幅は12.65 mm(1/2インチ)。使用するカセットハーフの形状はBETACAMのものとほぼ同一で、LカセットとSカセットがある。 「DTF」および「Digital Tape Format」はソニーの商標である。

DTF-1様式[編集]

Lカセットで42GB、Sカセットで12GBの記録が可能。 Adaptive Lossless Data Compression(ALDC)圧縮を併用するとそれぞれ108ギガバイト、31ギガバイトの記録を可能としている。

  • 規格番号 ISO/IEC 15731:1998 Information technology -- 12,65 mm wide magnetic tape cassette for information interchange -- Helical scan recording -- DTF-1 format

DTF-2様式[編集]

DTF-1様式の記録波長を短波長化し、トラックピッチ幅も短縮して約5倍の記録容量を実現した。 Lカセットで200GB、Sカセットで60GBの記録が可能。圧縮技術を併用し、それぞれ518GB、154GB。

  • 規格番号 ISO/IEC ISO/IEC 20061 Information technology -- 12,65 mm wide magnetic tape cassette for information interchange -- Helical scan recording -- DTF-2

外部リンク[編集]