スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東京ミッドタウンタワー

スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル(Skidmore, Owings & Merrill, 略称 SOM)とは、1936年シカゴで結成された、アメリカ合衆国最大級の建築設計事務所

概要[編集]

シカゴ本社に次いで1937年にはニューヨーク事務所を開いたほか、現在では全米各地およびロンドン香港上海にも事務所を置く。大きな商業建築を主に手がけており、特に超高層ビルに佳作が多く、鉄とガラスからなる箱状の「インターナショナル・スタイル」と呼ばれるモダニズム建築様式を世界中に広めることに貢献した。

SOMに所属した(所属している)主要な建築家としては、ルイス・スキッドモア(Louis Skidmore; 1897年-1962年)、ネイサン・オーウィングズ(Nathaniel Owings; 1903年-1984年)、ジョン・メリル(John Merrill; 1896年-1975年)の三人の創業者のほか、ゴードン・バンシャフト(Gordon Bunshaft; 1909年-1990年)、マイロン・ゴールドスミス(Myron Goldsmith; 1918年-1996年)、ウオルター・ネッチュ(Walter Netsch; 1920年-2008年)、ブルース・グラハム(Bruce Graham; 1925年生まれ)、デイヴィッド・チャイルズ(David Childs; 1941年-)、ロジャー・ダフィ(Roger Duffy)らがいる。

主要作品[編集]

レバー・ハウス(1951年)David Shankbone撮影

外部リンク[編集]

  • SOM(英語)