スカンディナヴィア通貨同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカンディナヴィア通貨同盟(スカンディナヴィアつうかどうめい、スウェーデン語: Skandinaviska myntunionenデンマーク語: Skandinaviske møntunionノルウェー語: Skandinaviske myntunion)は、スウェーデンデンマーク1873年5月5日に締結した通貨同盟、両国の通貨を金に固定した。スウェーデンとの同君連合を形成したノルウェーはそれから2年後に通貨同盟に参加した。2.48クローネ(クローナ)/1グラム、あるいは金0.403グラム/クローネで固定された[1]。3国の通貨単位は1クローネ(クローナ) = 1/2デンマークリクスダラー英語版 = 1/4ノルウェーターラー = 1スウェーデンリクスダラー英語版と等価とされた。スカンディナヴィア通貨同盟は、汎スカンディナヴィア主義で数少ない成功例の一つである。

スカンディナヴィア通貨同盟により為替レートは固定されたことから、参加3国はそれぞれ別々の通貨を発行していた。通貨同盟発足時に予見されていなかったことだが、事実上の法定通貨と同等のものとして、3国の通貨が別々に発行する状況となった。

この通貨同盟により、スウェーデンは通貨の名称をスウェーデンリクスダラーからスウェーデン・クローナに変更した。クローネ(krone)ないしクローナ(krona)の語源は、に由来し、綴りの相違は北ゲルマン語群におけるずれにすぎない。

1905年にノルウェーがスウェーデンとの同君連合を解消し独立しても、通貨同盟は存続し続けた。1914年第一次世界大戦が勃発すると、通貨同盟は終わりを告げた。スウェーデンは1914年8月2日に金本位制から離脱し、変動相場制に移行した。

通貨同盟締結期間中、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーの3国は同じ通貨を利用していたが、通貨同盟を解消すると、各通貨相互の連動がなくなった。1918年アイスランドがデンマークから同君連合として独立すると、アイスランド・クローナデンマーク・クローネから派生してできた通貨であった。なお、アイスランドは1944年にデンマークから共和国として独立した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

経済
中央銀行
通貨同盟結成以前の通貨
通貨同盟崩壊後の通貨