ジュリー・ヘルドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリー・ヘルドマン Tennis pictogram.svg
基本情報
ラテン文字名 Julie Heldman
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 同・カリフォルニア州バークレー
生年月日 1945年12月8日(69歳)
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1960年
引退年 1976年
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1974)
全仏 ベスト4(1970)
全英 ベスト8(1969)
全米 ベスト4(1974)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 5位(1969年)

ジュリー・ヘルドマンJulie Heldman, 1945年12月8日 - )は、アメリカカリフォルニア州バークレー出身の元女子プロテニス選手。名門のテニス一家に生まれ育ち、1960年代後半から1970年代前半にかけて、アメリカを代表する女子選手のひとりとして活動した。彼女はウィンブルドンを除く4大大会で女子シングルスのベスト4に入ったが、決勝戦には進出できず、故障のため早い年齢での現役引退を余儀なくされた。

母親のグラディス・ヘルドマン1922年 - 2003年)は、1953年に「ワールド・テニス」(World Tennis)という雑誌を創刊した著名なジャーナリストで、女子テニスツアー機構の創設にも大きく貢献し、(選手ではない)「ジャーナリスト」部門で国際テニス殿堂入りした人である。[1] 父親のジュリアスは、かつての全米選手権ジュニア・チャンピオンであり、グラディスは夫の影響でテニス振興活動に熱中し始めたという。ジュリーはそのような家庭環境の中で、姉のキャリーとともに早くからテニスに親しみ、1960年から全米選手権に出場し始めた。1966年、ヘルドマンは初めて全仏選手権のベスト8に入る。1968年メキシコ五輪では、テニスの非公式競技が「公開競技」(Demonstration)と「エキシビション」(Exhibition)に分かれて実施された。[2] 当時はまだ「アマチュアテニス選手」であったヘルドマンは、このメキシコ五輪の非公式競技に参加し、「公開競技」で女子シングルス銅メダル・女子ダブルス銀メダル・混合ダブルス金メダル、「エキシビション」で女子シングルス銀メダル・女子ダブルス金メダルを獲得した。

ヘルドマンは1969年から「プロテニス選手」に転向し、この年に全仏オープンウィンブルドン全米オープンの3大会連続でベスト8に進出し、世界ランキングで自己最高の「5位」に入った。この頃、女子テニス界はシステムの転換点を迎え、9人の女子プロ選手たちが全米テニス協会(USTA)を離脱して、テキサス州ヒューストンに本拠を置く「バージニア・スリムズ・サーキット」というプロテニスツアーに参加を決定した。ジュリーはビリー・ジーン・キング夫人、ロージー・カザルスナンシー・リッチージュディ・テガート・ドールトンケリー・メルビル、クリスティ・ピジョン、ヴァレリー・ジーゲンフス、ピーチズ・バルトコビッツと並んで「ヒューストンの9人」(Houston Nine)と呼ばれ、ジュリーの母親グラディスが「バージニア・スリムズ・サーキット」を全面的に支援した。このサーキットは商業的な成功を収め、こうして現在のような女子プロテニスツアーの原型が据えられた。ヘルドマンはその後、1970年全仏オープンで初の準決勝に進出したが、ここではマーガレット・コート夫人に 0-6, 2-6 で完敗した。

4年後の1974年、ヘルドマンは全豪オープン全米オープンの2大会で準決勝に進出した。キャリアで唯一の出場となった全豪オープンでは、当時19歳になったばかりのクリス・エバートに 2-6, 3-6 で敗れ、全米オープンではビリー・ジーン・キング夫人に 6-2, 3-6, 1-6 で逆転負けした。キャリアを通じて3度の4大大会女子シングルス準決勝進出があったが、ヘルドマンはとうとう決勝戦に手が届かなかった。1975年全仏オープン1回戦・全米オープン2回戦敗退に終わったヘルドマンは、この年に「バージニア・スリムズ・サーキット」で最後のシーズンを戦った後、故障のため1976年に現役を引退した。引退後は母親の影響もあり、テレビ解説者として多方面の活躍を続けてきた。その間、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で法学を学んだこともある。ジュリー・ヘルドマンは2001年に「国際ユダヤ人スポーツ殿堂」入りを果たしたが、2年後に母親のグラディスを亡くした。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Martin Hedges, “The Concise Dictionary of Tennis” (コンサイス・テニス辞書) Mayflower Books Inc., New York (1978) ISBN 0-8317-1765-3
  • Bud Collins, “Total Tennis: The Ultimate Tennis Encyclopedia” Sport Classic Books, Toronto (2003 Ed.) ISBN 0-9731443-4-3 [4大大会シングルス成績]