ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャパンJapan)は、英語日本を意味する単語。

由来[編集]

語源はマルコ・ポーロの「世界の記述」(東方見聞録)に登場する「黄金の国・ジパング (ZIPANG・ZIPANGU) 」にあるとされる。なぜ「ジパング」と呼ばれるようになったのかには、いくつかの説がある[要出典]

  • 「にっぽん」あるいはその異読である「じっぽん」の転訛。
  • 当時マルコ・ポーロが辿り着いたと言われるの言語で「日本国」のことをそのような発音で呼んでいた。
  • 古い[いつ?]中国語では日本をズーベン(ziben)[要出典]と発音していた。現在でも古い[いつ?]中国語の発音を多く留める中国南方方言にはこのような発音をするところがある。

「Japan」以外の使用[編集]

日本政府は、過去の「大日本帝国」の「日本」部分と、現在の「日本国」の公式英語称として「JAPAN」を用いている。対して、郵便切手や日本銀行券のように一部には「日本」の日本語による読み(発音)に基づく「NIPPON」を公式名称にしようという事例もある。しかし、既にJAPANは一般に広く受け入れられており、改称を求める意見は世論を動かすような大きな運動とはなっていない。国際的な場で「NIPPON」を使用した例としては、ストックホルムオリンピック開会式の入場行進の際に使用したプラカードが挙げられる。

なおJAPANを略したJAPジャップ)は、アメリカを中心に現在では侮蔑語の意味合いがあるため、余り用いられない。またNIP(ニップ)という略称は、JAP以上に強い差別的ニュアンスを含むとされる。このため英字三文字による国名コードとしてはJPNが使用されている。