シンガポール地下鉄C651形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポール地下鉄C651形電車
シンガポール地下鉄C651形電車
シンガポール地下鉄C651形電車
編成 114
営業最高速度 80 km/h
設計最高速度 90 km/h
編成定員 1920
車両定員 372
全長 23,000 mm
全幅 3,200 mm
全高 3,700 mm
車両質量 35t
軌間 1,435 mm
電気方式 直流750v
制御装置 シーメンスGTO素子VVVFインバーター制御
保安装置 ATP (鉄道)
製造メーカー シーメンス
内装

シンガポール地下鉄C651形電車(シンガポールちかてつC651がたでんしゃ)は、シンガポールMRTで運用されている通勤型電車である。

概要[編集]

シンガポール地下鉄C151形電車の車体をベースに、MRT初のVVVFインバーター制御の電車として、1993年1994年シーメンスにより製造され、1994年から東西線南北線で運行が開始された。

車体はアルミ製で、C151形とほぼ同じであるが、車体色はのストライプが入っている。

制御装置は、シーメンス製のGTO素子VVVFインバーターが使用されている。シーメンス製のGTO-VVVFではあるが、磁励音は、登場時の京急2100形電車JR東日本E501系電車京急新1000形電車初期車のような、ドレミファ音ではなく、日立製GTO-VVVFのような音である。

内装は、更新前のC151形と類似していて、ドア間にプラスチック製の9人がけロングシートがあり、車端部には2人がけロングシートがある。

2010年から更新工事が行われる予定。

外部リンク[編集]