ライト・レール・トランジット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
MRT/LRTマップ
三菱重工業のクリスタルムーバー:LRTプンゴル線プンゴル駅

ライト・レール・トランジット(シンガポール): Light Rail TransitLRT)とはシンガポール自動案内軌条式旅客輸送システム。ライト・ラピッド・トランジット(Light Rapid Transit)とも呼ばれる。主に住宅地を走り、1両、または2両で運行され、全線無人で運転されている。運営はSMRTトレインズの子会社であるSMRT Light RailとSBSトランジットが行い、陸上交通管理局 が統括している。

沿革[編集]

路線[編集]

  • センカン線
    • 路線距離:10.7km(東環状線4.4km、西環状線6.3km)
    • 駅数:12
    • 複線区間:全線
    • 電化区間:全線(直流750V・第三軌条方式)
    • 閉塞方式:
    • 車両基地:センカン車両基地
    • 走行方向:左側通行
  • プンゴル線
    • 路線距離:10.3km(未開業の西環状線も含む)
    • 駅数:7(開業駅のみ)
    • 複線区間:全線
    • 電化区間:全線(直流750V・第三軌条方式)
    • 閉塞方式:
    • 車両基地:センカン車両基地
    • 走行方向:左側通行

関連項目[編集]