シリウス・パセット動物群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シリウス・パセット動物群(シリウス・パセット どうぶつぐん)は、約5億1,800万- 約5億500万年前(古生代カンブリア紀前期中盤)に生息していた動物群の呼称であり、それらの化石の発見地であるグリーンランド北部のピアリーランドから産出する化石の動物群である。

発見される化石は、バージェス動物群澄江動物群と共通、あるいはよく似たものもあるが、麟甲類の完全な化石や原始的な節足動物の化石を含む、また眼を欠く動物が多く見つかることが特徴的である。

化石産地[編集]

シリウス・パセットは中グリーンランド北部のピアリーランド(北緯82度47.6分・西経42度13.7分)にある化石産地である。1984年、グリーンランド地質調査所のA. ヒギンズ(A. Higgins)らが同地を調査中、海綿の化石を発見したことに始まる。サイモン・コンウェイ・モリス(Simon Conway Morris)らが1989年からこれまでに発見した化石は1000点以上にのぼる。

この地は現在でこそ極北の地であるが、カンブリア紀当時は赤道直下であり[1]温暖な気候のもとで動物群は生活していた。

代表的な生物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Simon Conway Morris: The Crucible of Creation The Burgess Shale and the Rise of Animals : Oxford University Press, 1998
  2. ^ Peel, J.S. and M. Stein. A new Arthropod from the Lower Cambrian Sirius Passet Fossil-Lagerstätten of North Greenland. Bulletin of Geosciences 84(4). 2009 PDF
  3. ^ Vinther, J.; Smith, M. P.; Harper, D. A. T. (2011). "Vetulicolians from the Lower Cambrian Sirius Passet Lagerstätte, North Greenland, and the polarity of morphological characters in basal deuterostomes". Palaeontology 54 (3): 711–719. doi:10.1111/j.1475-4983.2011.01034.x.
  4. ^ Budd, Graham E.; Peel, John S. (1998), "A new xenusiid arthropod from the early Cambrian Sirius Passet fauna of north Greenland", Palaeontology 41: 1201–1213

参考文献[編集]

  • 土屋健『生物ミステリーPRO エディアカラ紀・カンブリア紀の生物』 技術評論社 2013年 ISBN 978-4-7741-6084-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]